EcoNaviインデックスへ
風土を遊ぶ 風土を遊ぶ  「祭/音楽/劇/舞踊」のエコ・トピックス
多彩な風土と
多彩な音楽

インド音楽の
ラーガとターラ

アフリカ音楽の
ポリリズム
ガムランのドローン
と旋律演奏

精霊を鎮める
儀礼と芸能
霊の遺恨を鎮める能
韓国の伝統芸能と
シャーマニズム

韓国仮面劇の転倒
した秩序と厄払い
インド音楽のラーガとターラ
インドの古典音楽の演奏会は、ヨーロッパのクラシックの演奏会などと大きく違って、あらかじめプログラムが決まっていず、即興性がきわめて高い。そして、その時々に即興的に高度な演奏をつくりあげていくことを可能にしている、古典音楽の共通言語とでもいうべきものが、音の配列からなるテーマであるラーガとリズム・サイクルのターラである。
主奏者がその時、その場にあうラーガを決めて、それを徐々に展開していくと前半部分につづく後半で、主奏者と伴奏者がラーガをリズム周期(ターラ)の下で演奏し、技を競うようにターラを複雑化していくという。聴衆は、古典音楽の共通言語を知っていて、その複雑な展開を聴きとっていく。
お勧めサイト
Ancient Future
http://www.ancient-future.com/index.html
天楽企画 / インド音楽とは
http://www.sound.jp/tengaku/Frames/FrameIndianMusic.html
民族音楽に関するマルチメディアデーターベースの開発 / イン ドの音楽理論
http://ccs.cla.kobe-u.ac.jp/Jouhou/Kenkyu/sotsuken96/kita/indoriron.html
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「遠いクニ、妙なる音楽」
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ