EcoNaviインデックスへ
風土を遊ぶ 風土を遊ぶ  「祭/音楽/劇/舞踊」のエコ・トピックス
多彩な風土と
多彩な音楽

インド音楽の
ラーガとターラ

アフリカ音楽の
ポリリズム
ガムランのドローン
と旋律演奏

精霊を鎮める
儀礼と芸能
霊の遺恨を鎮める能
韓国の伝統芸能と
シャーマニズム

韓国仮面劇の転倒
した秩序と厄払い
ガムランのドローンと旋律演奏
インドネシアのガムラン音楽の基本的な特徴のひとつは、大きさの違う青 銅のゴングが周期的に打たれ、振動する音が重なり合ううねりが円環的な時間の流れ をつくり出すことだ。旋律がそのまわりをめぐる中心軸となる複数音の周期的なくり 返しをドローンという。
このドローンと組み合わせられる形で旋律が演奏される際に、バリのガムランでは kotekan と呼ばれる演奏方法が使われることが多い。kotekan とは、一対の旋律楽器 が演奏する別々のパートが重なって聴衆が聞く旋律となるような演奏の仕方である。 この演奏方法は、対立的な二元的な要素が宇宙をつくりだすというコスモロジーに根 ざしているという。
お勧めサイト
Ancient Future
http://www.ancient-future.com/index.html
水牛通信1987年4月 / 東南アジア音楽における古典主義 ホセ・マセダ
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~mie_y/suigyu/tushin/1987_04.html#マセダ
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「遠いクニ、妙なる音楽」
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ