EcoNaviインデックスへ
風土を遊ぶ 風土を遊ぶ  「食文化」のエコ・トピックス
雑穀の見直し
雑穀と石臼、水車
山村文化と雑穀
山村文化と焼畑農業
麹による発酵食品
麹酒と照葉樹林文化
日本酒の伝統技術
東&東南アジアの
うま味の文化

東南アジアの料理文化
インドのスパイス文化
東南アジアの料理文化
タイやインドネシア、フィリピンなどの東南アジア料理は、インド料理と 似たような複数の香辛料をミックスさせて使用するスパイシーさだけでなく、うま味 も大きな特徴としてあげられる。このうま味は日本料理の醤油、味噌、昆布や鰹ダシ などの味覚と共通するアミノ酸によるもので、東南アジアでは主に魚やアミの蛋白質 を分解させてつくる魚醤や塩辛を調味料として使う。つまり、東南アジアはインドの スパイス・ミックスの料理文化と日本など東アジアのうま味文化が重なり合う地域と いえる。さらに、東南アジアではスパイスとうま味に加えて、トマト、タマリンドな どの酸味も重要で、トムヤンクンなどの味もスパイス+うま味+酸味の3要素からな っている。
お勧めサイト
あなたも東南アジア料理通
http://www.at.wakwak.com/~asia/af/af-j.htm
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「スパイスからアジアを考える」
関連の深いエコトピックス
   
EcoNaviインデックスへ