EcoNaviインデックスへ
風土を遊ぶ 風土を遊ぶ  「手仕事」のエコ・トピックス
持続可能な地域づくり
と手仕事

カンボジアの養蚕
の再生

カンボジアの天然染料
と織物の再生
木造の伝統的構法
と土壁の復権

樹齢100年の樹を
100年使う家具

縄文文化と漆
使いこむ程
美しくなる漆
照葉樹林文化と和紙
天然素材を生かした
和紙の特性

和紙を現代に生かす
用途開発
カンボジアの天然染料と織物の再生
 カンボジアでは長い内戦の間に、織物と天然染料の伝統は途絶えかけていた。内戦が終わり、人々の生活に取り戻されるとともに、かつて織物がさかんだった地方では、織りの仕事が復活しつつある。しかし、かつての天然染料はほとんどなくなり、絣の柄も簡単なものばかりになっている。
 そこで、森本さんのクメール伝統織物研究所は、ワークショップを開いて、お年寄りから染色や機織の技術を再現してもらい、若い染織家の育成を助けている。また、技法がわからなくなっている柄のアンティークの絣を農村にもっていって技法を覚えているお年寄を探して技法を復活させる、といった仕事を重ねている。
お勧めサイト
クメール伝統織物研究所
http://www.esprit-libre.org/iktt/
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「カンボジアの苦悩と再生」
「風土に根ざす手仕事の再考----柳宗悦に即して」
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ