EcoNaviインデックスへ
風土を遊ぶ 風土を遊ぶ  「手仕事」のエコ・トピックス
持続可能な地域づくり
と手仕事

カンボジアの養蚕
の再生

カンボジアの天然染料
と織物の再生
木造の伝統的構法
と土壁の復権

樹齢100年の樹を
100年使う家具

縄文文化と漆
使いこむ程
美しくなる漆
照葉樹林文化と和紙
天然素材を生かした
和紙の特性

和紙を現代に生かす
用途開発
縄文文化と漆
ウルシの樹に傷をつけると樹液が出てきて固まって樹脂になり、傷口をふ さぎ樹を守る。この樹液を集めると接着剤になり、また、木工品に塗ると美しい表面 になるとともに、木にだんだんしみ込んで耐久性を高める優れた機能をもつ。森の植 物をよく知り、資源として巧みに使いこなしていた縄文人は、こうしたウルシの特性 を生かした漆塗りの優れた技術をもっていた。
三内丸山遺跡や鳥浜貝塚など数多くの縄文遺跡からは、土器、弓、櫛、皿、篭など漆 をかけた美しい製品が出土しているが、高度な漆の技術が現代の工芸家たちを驚かせ ている。
お勧めサイト
三内丸山遺跡へようこそ / 三内丸山遺跡の不思議
http://www.pref.aomori.jp/sannai/san_07d.html
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「縄文の漆/漆の未来」
ガイドマップを表示
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ