EcoNaviインデックスへ
風土を遊ぶ 風土を遊ぶ  「手仕事」のエコ・トピックス
持続可能な地域づくり
と手仕事

カンボジアの養蚕
の再生

カンボジアの天然染料
と織物の再生
木造の伝統的構法
と土壁の復権

樹齢100年の樹を
100年使う家具

縄文文化と漆
使いこむ程
美しくなる漆
照葉樹林文化と和紙
天然素材を生かした
和紙の特性

和紙を現代に生かす
用途開発

和紙を現代に生かす用途開発
紙はもともと経典など記録媒体としての用途のために中国でつくられた が、日本の朝廷文化の下で、和歌の贈答などと結びついて、美しく洗練された紙の製 法が発達していく。そして近世には、障子、襖などの住宅の内装をはじめ、生活のあ らゆる分野で和紙が使われるようになっていった。ところが、明治になって印刷技術 に対応しやすい洋紙の普及や生活文化の洋風化とともに、和紙の需要は衰退してしま った。
しかし、持続可能な社会への転換が課題になるとともに、和紙のすぐれた特性が再評 価されつつある。たとえば、天然繊維がもつ無数のミクロの孔が有害物質やホコリを 吸着することもわかり、住宅の内装やインテリア素材として注目されるようになって いる。
お勧めサイト
washiya.com / 和紙の歴史
http://www.washiya.com/washinomokuji/0012.html
関西の歴史・文化 / 和紙のある暮らし
http://www.kippo.or.jp/culture/washi/index.htm
和紙の部屋
http://web3.incl.ne.jp/design/washi1.html
電脳浮世絵師 岡本辰春の世界
http://village.infoweb.ne.jp/~tatuharu/index.htm
ガイドマップを表示
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ