EcoNaviインデックスへ
生き物の目から 生き物の目から 「川/干潟」のエコ・トピックス
大型公共事業と環境破壊
ODAによる生活・文化・環境の破壊
生きた川と排水路化した川
サケの一生から見た生きた川
アユの一生から見た生きた川
森と川のつながり
森と海のつながり
干潟の多彩な生き物の
つながり

干潟の減少
干潟と渡り鳥
江戸前の魚にとっての
干潟

干潟の古代的な生物
透明な海をつくる
マングローブの干潟
干潟の減少
日本の多くの海岸線は干拓や埋め立てにより姿を変え、これに伴って干潟も消滅してきた。干潟は一見、何の利用もされてない土地に見えることや利便性の高い立地であるため埋め立てられやすい場所が多かった。しかし近年、多種多様な底生生物が生息し、海の生き物の産卵・生育場所、渡り鳥の重要なエサの供給地としての役割や、河川の汚水を浄化する機能などが見直され、干潟と豊かな生態系を保全する動きが高まってきた。しかしこうしたなか、日本でも珍しい底生動物たちの宝庫である有明海の諫早湾にある干潟が国の干拓事業のため閉ざされるなど、残された干潟を破壊する事業が続いていいる例も少なくない。
お勧めサイト
(財)日本自然保護協会 / 日本の干潟の情報
http://www.nacsj.or.jp/database/higata/higata-index.html
GLOCOM HomePage/『日本の沿岸海域における環境問題と環境管理:生態系の視点から』
/「2.2干潟と藻場の消失」
http://www.glocom.ac.jp/eco/esena/resource/nakata/index.html#2-2
環境省 / 平成6年版環境白書/第4章第5節 自然生態系の現状
http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/hakusyo.php3?kid=206
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「干潟/海のゆりかご」
関連の深いエコトピックス
EcoNaviインデックスへ