EcoNaviインデックスへ
生き物の目から 生き物の目から 「農業/林業」のエコ・トピックス
森林伐採による熱帯雨林の破壊
ロシア極東のタイガ林の乱伐
針葉樹の人工林の荒廃
持続可能な森林管理
産地からの木材流通革新
持続可能な森林管理
森林認証制度
アグロフォレストリー
パーマカルチャー
アレロパシー(他感作用)
二次代謝物質
生きた土壌
見かけばかりで栄養素が
欠けた野菜

土壌生物
持続可能な農業
自然農法
ロシア極東のタイガ林の乱伐
タイガは、ロシアの北緯70°〜50°の地域にに広がる広大な北方針葉樹林帯である。ロシアの森林は、地球上の針葉樹林の57%以上を占める。なかでも生物多様性に富んだ原生林はシベリアとロシア極東に主に分布する。ロシア極東のタイガでは、森林の無秩序な乱伐が行われ、日本はその最大の輸入国になっている。日本の合板業界が原料を熱帯ラワン材からロシア極東のカラマツに転換しつつあるため、乱伐が広がる危険が大きい。
ロシア極東の森林の75%は永久凍土に覆われていて、乾燥した夏の間に表面が融けて植物に水分を供給する。ところが、不適切な伐採が行われると永久凍土が融けて、森林が温室効果ガスであるメタンを発生する沼地になってしまう。
お勧めサイト
地球・人間環境フォーラム 森林と環境のページ
 / ロシア極東タイガ破壊の現状
http://www2.odn.ne.jp/~aab27900/noguchi.htm
地球・人間環境フォーラム 森林と環境のページ
 / 極東ロシアのタイガを守る(PDF)
http://www.shonan.ne.jp/~gef20/gef/news/taiga.html
シベリア森林保全支援プロジェクト
http://www2.odn.ne.jp/~aab27900/siberia/
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「森林破壊を抑え、資源を上手に活かすには」
関連の深いエコトピックス
EcoNaviインデックスへ