EcoNaviインデックスへ
生き物の目から 生き物の目から 「農業/林業」のエコ・トピックス
森林伐採による熱帯雨林の破壊
ロシア極東のタイガ林の乱伐
針葉樹の人工林の荒廃
広葉樹の価値の見直し
持続可能な森林管理
産地からの木材流通革新
森林認証制度
アグロフォレストリー
パーマカルチャー
アレロパシー(他感作用)
二次代謝物質
生きた土壌
見かけばかりで栄養素が
欠けた野菜

土壌生物
持続可能な農業
自然農法
土壌生物
生きた土壌では、ミミズ、 線虫、 ダニなどの動物、 変形菌などの原生生物、 カビ、 放線菌、 バクテリアなどさまざまな土壌生物が関連しあい、土壌中に複雑に生態系をつくりあげている。ミミズは地表の動・植物の遺骸が分解しかかった腐植と鉱質土壌とを体内で混ぜて撹拌し、排出してバクテリアが繁殖しやすい腐植や環境をつくり出している。バクテリアはこうした腐植を分解し、植物の成長に必要な栄養素(アミノ酸、核酸、ビタミン、ホルモン)をつくり出す。さらにカビの仲間である菌根菌が植物の根と共生し、植物の成長に必要な栄養素を、植物が水と一緒に根から吸い上げやすいようにしている場合もある。
お勧めサイト
北海道立農業試験場「クリーンレポート(5)」
 / 第3章 農村・農業生態系を考える
http://www.agri.pref.hokkaido.jp/center/kankoubutsu/clean/5-05.htm
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「生きた土壌と持続可能な農業」
関連の深いエコトピックス
EcoNaviインデックスへ