EcoNaviインデックスへ
生き物の目から 生き物の目から 「農業/林業」のエコ・トピックス
森林伐採による熱帯雨林の破壊
ロシア極東のタイガ林の乱伐
針葉樹の人工林の荒廃
広葉樹の価値の見直し
持続可能な森林管理
産地からの木材流通革新
森林認証制度
アグロフォレストリー
パーマカルチャー
アレロパシー(他感作用)
二次代謝物質
生きた土壌
見かけばかりで栄養素が
欠けた野菜

土壌生物
持続可能な農業
自然農法
アレロパシー(他感作用)
 マメ科の植物ムクナは 、暖かく水分が十分なところではとても成長が早く、養分を奪い光を遮って雑草の成長を抑える。ムクナはL-ドーパという成分をもち、これが滲出して雑草の生育を防ぐ効果ももつ。このように植物が特定の化学物質を放出し、それが他の植物の成長を抑制(あるいは促進)したり、動物や微生物を防いだり(あるいは引き寄せたり)する作用をアレロパシー(訳語は他感作用)と呼ぶ。この作用は選択的で、あらゆる植物の成長を抑えるということはない。ムクナはイネ科の植物の成長は妨げないので、トウモロコシとムクナを組み合わせた農法が普及している。
お勧めサイト
藤井義晴「アレロパシー研究の最前線」
「農業生態系の保全に配慮した農業技術」にPDFファイルがある
「Daniel Buckles,Bernard Triomphe, and Gustavo Sain "COVER CROPS IN HILLSIDE AGRICULTURE ---Farmers Innovation with Mucuna"」
http://www.idrc.ca/en/ev-9307-201-1-DO_TOPIC.html
関連の深いエコトピックス
EcoNaviインデックスへ