EcoNaviインデックスへ
生き物の目から 生き物の目から 「農業/林業」のエコ・トピックス
森林伐採による熱帯雨林の破壊
ロシア極東のタイガ林の乱伐
針葉樹の人工林の荒廃
広葉樹の価値の見直し
持続可能な森林管理
産地からの木材流通革新
森林認証制度
アグロフォレストリー
パーマカルチャー
アレロパシー(他感作用)
二次代謝物質
生きた土壌
見かけばかりで栄養素が
欠けた野菜

土壌生物
持続可能な農業
自然農法
二次代謝物質
 植物が組織内で合成する物質のうち、アミノ酸、タンパク質、糖、脂質、核酸など、生命の維持に不可欠な物質は一次代謝物質と呼ばれる。それ以外に、特定の植物にだけが合成するような物質が1万種類以上あり、二次代謝物質と呼ばれている。人間は、植物に含まれる二次代謝物質を生薬、麻酔薬、毒薬、染料などとして利用してきた。しかし、これらの物質が植物にとってどういう役割をもっているのか、最近までよくわかっていなかった。近年、たまたま合成された二次代謝物質を生体防御に利用するようになった植物が進化途上で有利になって生き残ってきた、と考える「アレロパシー仮説」が有力になっている。
お勧めサイト
藤井義晴「アレロパシー研究の最前線」
「農業生態系の保全に配慮した農業技術」にPDFファイルがある
木下武司「生薬と薬用植物と身近な野生植物/植物に含まれる化学成分について」
http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/about_plant_constituents.htm
The Secondary Metabolism of Plants : Secondary Defence Compouds
http://www.biologie.uni-hamburg.de/b-online/e20/20.htm
関連の深いエコトピックス
EcoNaviインデックスへ