EcoNaviインデックスへ
生き物の目から 生き物の目から 「森林/山村/里山」のエコ・トピックス
針葉樹の人工林の荒廃
広葉樹の価値の見直し
豊かな広葉樹林とツキノワグマ
森と川のつながり
樹齢100年の樹を100年使う家具
縄文文化と広葉樹林の
資源活用

縄文文化と漆
山村文化と雑穀
山村文化と焼畑農業
里山と炭焼き
里山の再発見
炭の多彩な可能性
木質バイオマスの熱利用
木質バイオマス発電
葉緑素の光合成と
有機物の「生産者」
針葉樹の人工林の荒廃
日本の山林は、(a)主に広葉樹からなる天然林、(b)スギやヒノキなど良質な建材となる針葉樹を植林した人工林、(c)集落の近くの雑木林の里山からなる。戦後の復興期に木材の需要が高まり、この時期に広大な面積の山林でスギやヒノキの植林が行われ、(b)の人工林が急激に増えた。しかし、その後、国産の木材は輸入材との競争に押され、林業経営を成り立たせるのが難しくなり、間伐など必要な手入れがされないままに荒廃する人工林が多くなり、大きな環境問題にもなっている。除伐や間伐をしない人工林は過密になり、根が浅くなるため、雪害、山地崩壊、水害、風害などの森林災害が起きやすいからだ。
お勧めサイト
団藤保晴の「インターネットで読み解く!」No.48「残したい森林資源どう守る」
http://www.dandoweb.com/backno/980430.htm
N.W.森林いきいき / CONTENTS / 日本の森林
http://www.nw-mori.or.jp/izanai/toc.html
森づくりフォーラム
http://www.jca.ax.apc.org/morizukuri/index.html
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「森林破壊を抑え、資源を上手に活かすには」
関連の深いエコトピックス
EcoNaviインデックスへ