EcoNaviインデックスへ
生き物の目から 生き物の目から 「森林/山村/里山」のエコ・トピックス
針葉樹の人工林の荒廃
広葉樹の価値の見直し
豊かな広葉樹林とツキノワグマ
森と川のつながり
樹齢100年の樹を100年使う家具
縄文文化と広葉樹林の
資源活用

縄文文化と漆
山村文化と雑穀
山村文化と焼畑農業
里山と炭焼き
里山の再発見
炭の多彩な可能性
木質バイオマスの熱利用
木質バイオマス発電
葉緑素の光合成と
有機物の「生産者」
山村文化と雑穀
山村ではアワ、ヒエ、ソバ、キビなどの雑穀を主食として栽培し、雑穀を粉にして団子や餅にしたり、炊いてご飯にしたりさまざまな食べ方をする雑穀文化を発達させてきた。
雑穀はコメに較べてまずく、貧しい食べ物だという通念が流布してきたが、これは平地の稲作水田農耕が支配者文化と結びついて主流になったために、稲作農耕文化と異質な山村の雑穀文化に対する蔑視が生まれたためだと思われる。こうした通念が山村にもかなり浸透して雑穀文化に対する劣等感をもつ人も多くなっていたが、先入観を捨てて見れば、雑穀文化は山村の風土に合った独自の豊かな文化であり、稲作農耕文化と補い合って日本列島文化をつくってきたことが明かになるだろう。
お勧めサイト
岩手県久慈市 山根六郷研究会
http://www2.dango.ne.jp/yamane6/
河北新報 時よ語れ東北の20世紀
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe059/index.htm
(14)水車市 雑穀復活つきたての甘みは山里の豊かさ
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe059/19990930tk.htm
奥三面バーチャル博物館
http://toki.ed.niigata-u.ac.jp/~yasuda/miomote.html
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「雑穀と山村文化の再生」
ガイドマップを表示
関連の深いエコトピックス
EcoNaviインデックスへ