EcoNaviインデックスへ
生き物の目から 生き物の目から 「野生動物/微生物」のエコ・トピックス
豊かな広葉樹林と
ツキノワグマ

イヌワシ・クマタカ
・オオタカ------

緑の回廊とタヌキ
熱帯雨林とオランウータン
都会のカラス
干潟と渡り鳥
サケの一生から見た
生きた川

アユの一生から見た
生きた川
イチジクとイチジク
コバチの共進化

土壌生物
原生生物
南方熊楠の粘菌研究
原生生物
現代生物学では、生物を便宜的に原核生物、原生生物、菌類、動物、植物の5界に分類することが多い。原核生物は細胞核や染色体を形づくらない原始的な細胞からなる。原生生物は、真核細胞からなる生物のうちで主に単細胞生物からなり原始的な様相をもつ。しかし、真核生物のうち菌類、動物、植物でないものが原生生物に分類されているようで、細胞の基本構造も多様で、たがいの系統的な関係もよくわかっていない。原生生物には多細胞生物の先祖にあたるものもあれば、独自に進化を遂げてきたものも多いと言う。
原生生物の多様性と複雑さは、生物の生成の過程を知る上で重要な手かがりを含むと思われが、研究が進んでいる生物はごくわずかだ。
お勧めサイト
原生生物情報サーバ / 原生生物学入門
http://130.158.208.53/WWW/protistology/menu.html
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「南方熊楠 ---- 境を超える探究者」
「生命の歴史の要「原生生物」に学ぶ その1----性と死のはじまり」
関連の深いエコトピックス
             
EcoNaviインデックスへ