EcoNaviインデックスへ
生き物の目から 生き物の目から 「野生動物/微生物」のエコ・トピックス
豊かな広葉樹林と
ツキノワグマ

イヌワシ・クマタカ
・オオタカ------

緑の回廊とタヌキ
熱帯雨林とオランウータン
都会のカラス
干潟と渡り鳥
サケの一生から見た
生きた川

アユの一生から見た
生きた川
イチジクとイチジク
コバチの共進化

土壌生物
原生生物
南方熊楠の粘菌研究
イチジクとイチジクコバチの共進化
 被子植物は花粉を虫などの動物に運ばせるための戦略をもっている。この戦略には大きく分けて、いろいろな種類の送粉者を幅広くひきつける「デパート型」と、特定の送粉者だけ絞り込んでサービスを提供する「専門店型」がある。
 熱帯雨林で大いに繁栄しているイチジク属の植物は「専門店型」で、それぞれの種類ごとに特定の種類のイチジクコバチだけに餌を提供して、同じ種類にだけ送粉をしてもらう複雑なしくみをつくり出している。イチジク属の手のこんだ仕組みは、植物の種類がきわめて多い熱帯雨林の森の中で生きのびるのに適しているようだ。 一方、東南アジアの熱帯雨林にみられる「一斉開花」の現象は、「デパート型」の戦略が複雑化したものといえる。
お勧めサイト
横山潤 イヌビワとイヌビワコバチの共進化の分子系統学
http://sayer.lab.nig.ac.jp/~shinka/journal/shinka-3/Yokoyama.text1
三重大学生物資源学部・昆虫学研究室 / 動物生態学
http://www.bio.mie-u.ac.jp/docs0/seisan/koncyu/note/ecol97.htm
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「熱帯雨林 オランウータンと共生のネットワーク」
関連の深いエコトピックス
EcoNaviインデックスへ