EcoNaviインデックスへ
地域で暮らす 地域で暮らす  「家族」のエコ・トピックス
さまざまな
家族の形の模索

近代の「家」制度の形成
明治民法と離婚率
戦後の家族と企業への
滅私奉公

女性の意識による
家族構造の変化

夫婦別姓と事実婚
未婚の母と婚外子
シングル・マザー
地域に根ざす
女性たちの起業
さまざまな家族の形の模索
社会通念になっている家族モデルにしたがって考えるのではなく、個々人が自分の考えにしたがって自分なりの家族の形を模索するようになると、さまざまな形が生まれてくる。多様な家族の形を認めあうことで、開かれた社会になっていくと思われる。フランスでは、法律上の婚姻届けをしないカップルが増えて、そのため婚外子もごく普通になっているという。しかし、日本社会では、家族の形について世間の目を意識する傾向がまだ強い。たとえば、妻子ある男性と交際していた女性が妊娠して、出産したいと思っても、相手の男性や親に無理やり中絶させられるといったことが多く、未婚の母になったり、婚外子を生むことに対する社会的な抑圧が強い。
お勧めサイト
Socius / 現代家族論
http://www.socius.jp/lec/15.html
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「家族のさまざまな形を求めて」
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ