EcoNaviインデックスへ
地域で暮らす 地域で暮らす 「家族」のエコ・トピックス
さまざまな
家族の形の模索

近代の「家」制度の形成
明治民法と離婚率
戦後の家族と企業への
滅私奉公

女性の意識による
家族構造の変化

夫婦別姓と事実婚
未婚の母と婚外子
シングル・マザー
地域に根ざす
女性たちの起業
女性の意識による家族構造の変化
日本の社会構造変化のもっとも大きな要因のひとつは女性の意識の変化だが、家族のあり方も、女性の意識を通じて大きく変わりつつある。
近代の日本社会では、老夫婦が長男の夫婦と同居するといった父系的な家族が多かったのに対して、最近は若夫婦が妻方の親と同居するパターンが徐々に増えている。この背景には、結婚した女性が仕事をもって外に出ている間に子供の世話をしてもらうには、自分の両親の方が気兼ねをせずに頼めるという意識があるらしい。また、老後のことを考えて子供は女児を望む妻がかなり増えているという調査結果もある。
このように、母娘のつながりを中心にした家族という方向への変化が着実に起きている。
お勧めサイト
NIKKEI NET / 女たちの静かな革命 / 新・女系一族 同居の母、働く支え
http://www.nikkei.co.jp/topic4/kakumei/eimi053020.html
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「家族のさまざまな形を求めて」
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ