EcoNaviインデックスへ
地域で暮らす 地域で暮らす 「子ども/少年・少女」のエコ・トピックス
生きる力、学ぶ力、
考える力を育む環境

子どもの権利
学ぶ場の選択肢の多様化
総合的な学習の模索
体験型の環境学習
多文化をともに学ぶ
総合的な学習の模索
 たくさん知識を教え込むことより「生きる力、学ぶ力、考える力を育む」ことを重視する教育への転換の一環として、文部省は、2002年から小、中学校で「総合的学習の時間」を始めることを決めている。何を教えるという制約は設けず、あるテーマから出発して教科の枠にとらわれずに関心や問題意識を広げ深めていくプログラムを自ら工夫することを教師たちは求められている。
 こうした自由度の高いプログラムに馴染みの薄い中学の教師のなかには、戸惑っている人も多いようだ。教師だけでなく、地域の市民グループやミュージアム、図書館、公共ホールなどが協力しあってプログラムづくりを進めれば、地域づくりと密接なつながりがあることが明らかになるだろう。
お勧めサイト
文部科学省 / 教育改革Q&A
http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/kaikaku/index.htm
チャイルド・リサーチ・ネット
http://www.crn.or.jp/index.html
MIRAI / わんぱく総研
http://www.i-cube.co.jp/wanpaku/
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「少年・少女たちが生き生き育つには」
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ