EcoNaviインデックスへ
地域で暮らす 地域で暮らす 「住まいと有害化学物質」のエコ・トピックス
化学物質過敏症
化学物質の蓄積に
よる疾患の関連

環境ホルモン
化学物質の発ガン性
アレルギーと化学物質
シックハウス症候群
を生む住宅

アレルゲンになる
ダニやカビへの対処
木造の伝統的な構法
と土壁の復権

コーポラティブ・
ハウジング(知恵を
出しあう団地づくり)

都心の暮らしの見直し
化学物質の蓄積による疾患の関連
 化学物質過敏症の患者さんの話によく耳を傾けてみると、有害化学物質の体内蓄積によって起きるさまざまな疾患は、密接に関連しあっているらしいことがわかる。アレルギーやアトピーの多発の背景にも、有害化学物質の体内蓄積があるようだ。アレルゲンになる有機物と有害化学物質が掛け合わせられると、アレルギーの症状が出やすくなったり、悪化したりするからだ。
 体内のバランスを保つ役割の (a)自律神経系、(b)免疫系、(c)内分泌系は密接に関係しあっていて、有害化学物質の蓄積が主に(a)に現れるのが化学物質過敏症、(b)に現れるのがアレルギー、(c)に現れるのが環境ホルモンだと考えられ、(a)と(b)の症状は両方が起きることも多い。
お勧めサイト
わんぱく総研 / 宮田幹夫「知っていますか? 化学物質過敏症」
http://www.i-cube.co.jp/wanpaku/mirai/98spring/kagaku.html
LIFENCEオンライン版 / 難波龍人「化学物質過敏症を考える」
http://www.lifence.ac.jp/goto/spe/spe10.htm
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「シックハウスと化学物質過敏症」
「化学物質過敏症と「木と土の家」の見直し」
ガイドマップを表示
関連の深いエコトピックス
 
  • 化学物質の発ガン性
EcoNaviインデックスへ