EcoNaviインデックスへ
地域で暮らす 地域で暮らす  「住まいと有害化学物質」のエコ・トピックス
化学物質過敏症
化学物質の蓄積に
よる疾患の関連

環境ホルモン
化学物質の発ガン性
アレルギーと化学物質
シックハウス症候群
を生む住宅

アレルゲンになる
ダニやカビへの対処
木造の伝統的な構法
と土壁の復権

コー ポラティブ・
ハウジング(知恵を
出しあう団地づくり)

都心の暮らしの見直し
環境ホルモン
環境ホルモンとは、正式には「内分泌撹乱物質」と呼ばれる。生体内でホルモンとまぎらわしい働きをしたり、ホルモンの働きを妨げたりして、成長や生殖を制御する内分泌系(ホルモンと内分泌腺)の機能を乱す物質のことだ。農薬工場の排水が流れ込む湖に住む雄ワニの大半のペニスに異常が起きるなど、環境ホルモンによる野生生物の生殖異常が世界各地から報告されている。環境ホルモンの人体への影響については、精子数の減少など、環境ホルモンの影響していそうな現象が起きているが、確かな関連はつきとめられていない。環境ホルモンと疑われる物質と化学物質過敏症の原因物質は重なるものが多く、両方は根っこでは同じ問題だと考える研究者もいる。
お勧めサイト
生活環境化学の部屋/環境ホルモン情報
http://www.nicol.ac.jp/~honma/env/eh_home.html
三浦さんちのホームページ / 環境ホルモン問題について
http://www.fsinet.or.jp/~miura/endocrin.htm
LIFENCEオンライン版 / 難波龍人「化学物質過敏症を考える」
http://www.lifence.ac.jp/goto/spe/spe10.htm
中西準子のホームページ
http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「シックハウスと化学物質過敏症」
「化学物質過敏症と「木と土の家」の見直し」
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ