EcoNaviインデックスへ
地域で暮らす 地域で暮らす  「住まいと有害化学物質」のエコ・トピックス
化学物質過敏症
化学物質の蓄積に
よる疾患の関連

環境ホルモン
化学物質の発ガン性
アレルギーと化学物質
シックハウス症候群
を生む住宅

アレルゲンになる
ダニやカビへの対処
木造の伝統的な構法
と土壁の復権

コーポラティブ・
ハウジング(知恵を
出しあう団地づくり)

都心の暮らしの見直し
アレルギーと化学物質
 アレルギーは、スギ花粉で鼻水がでたりする花粉症のように、特定のアレルゲン(アレルギーを起こす抗原)に免疫の働きが過敏に反応するようになり、かえって身体に危害を加える疾患だ。免疫は、身体に侵入する異物を識別して外敵を排除する仕組みだが、この働きがあまり害のない物質に過剰反応して身体の異常を起こしてしまう。アレルゲンになるものは、花粉、牛乳、鶏卵の卵白、ダニ、カビなどの有機物である。微量の有害な合成化学物質とアレルゲンが組み合わせられると、アレルギー症状が発症しやすくなったり悪化させることがある。有害化学物質の体内蓄積がアレルギー、アトピーの多発の原因のひとつになっている疑いが強い。
お勧めサイト
加藤小 児科病院/アレルギー疾患
http://www.nsknet.or.jp/~katoh/allergy.html
生活環境研究所 / アレルギーと生活環境を考える
http://www.sei-ken.co.jp/
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「シックハウスと化学物質過敏症」
「化学物質過敏症と「木と土の家」の見直し」
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ