EcoNaviインデックスへ
地域で暮らす 地域で暮らす  「住まいと有害化学物質」のエコ・トピックス
化学物質過敏症
化学物質の蓄積に
よる疾患の関連

環境ホルモン
化学物質の発ガン性
アレルギーと化学物質
シックハウス症候群
を生む住宅

アレルゲンになる
ダニやカビへの対処
木造の伝統的な構法
と土壁の復権

コーポラティブ・
ハウジング(知恵を
出しあう団地づくり)

都心の暮らしの見直し
アレルゲンになるダニやカビへの対処
 住宅が高気密になりアレルギーを起こす原因物質となるカビやダニが繁殖しやすい条件が生まれ、それがアレルギーやアトピーの多発の原因のひとつになっている。そのため、アレルギーやアトピーになっている人がいたり、発症を心配する人は、有機リン系の殺虫剤でダニ退治をし、住宅業者は、内装材や畳に防カビ剤を多用するといった対処をすることが多くなった。しかし、こうした殺虫剤や防カビ剤などに使われる化学物質が体内に蓄積すると微量でもアレルギーやアトピーを悪化させることが多いので、悪循環になる。カビやダニは、温度も湿度も高い条件の時に繁殖するので、換気や湿度調整作用のある素材の活用など、湿度を下げる工夫を中心に対処するのが効果的だ。
お勧めサイト
生活環境研究所 / アレルギーと生活環境を考える
http://www.sei-ken.co.jp/
健康住宅セミナー / 須貝高「健康創造住宅への新時代」
http://members.jcom.home.ne.jp/kojimacc/hpk/1kenkou/seminer.htm
紀州備長炭研究会 / 住宅床下用
http://www.binchoutan.com/juutaku.html
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「シックハウスと化学物質過敏症」
「化学物質過敏症と「木と土の家」の見直し」
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ