EcoNaviインデックスへ
地域で暮らす 地域で暮らす 「多文化共生」のエコ・トピックス
在日ブラジル人と
日本人の文化摩擦

在日ブラジル人の
子どもの学習環境
在日外国人の子ども
の母語教育

多文化をともに学ぶ
多文化共生とNPO
先住民の権利の回復
在日ブラジル人と日本人の文化摩擦
 1990年の入国管理法改正で日系2世、3世の外国人労働者の入国が優遇されて以来、自動車などの工業地帯に集住する日系外国人が急激に増加した。中でも目立って多いのが日系ブラジル人で、生活習慣やモラルに対する考え方の違いから、日本人住民との間でさまざまなトラブルが起きている。例えば、約2千人のブラジル人が住む豊田市の保見団地では、団地内にブラジル人のコミュニティができている。生活感覚が違うため、ゴミ出しや違法駐車、騒音などの問題をめぐって、かなり激しい対立が続いてきた。
 異文化の摩擦を異質さから互いに学び合う関係にどうすれば転じることができるかが、大きな課題になっている。
お勧めサイト
まち居住通信 / 住宅時事往来11 「保見団地の日系ブラジル人
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/gakugei/kanren/gaikoku/no11/zi004.htm
Cafe Creole / カレン・テイ・ヤマシタ「Kの円環」
http://www.ojw.or.jp/cafecreole/travelogue/karen/index-j.html
武生市 / 在住ブラジル人生活実態・意識調査
http://www.city.takefu.fukui.jp/justnow/tyousa.htm
総務省統計局・統計センター / 日本の統計 第2章人口・世帯
http://www.stat.go.jp/data/nihon/02.htm
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「多文化を共に生きる」
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ