EcoNaviインデックスへ
市民がつながる 市民がつながる 「地域づくり/町づくり」のエコ・トピックス
持続可能な
地域作り、町作り

南の持続可能都市クリティバ
バイオリージョナリズム
生きた川と排水路化した川
ヒートアイランド現象
都市型水害
雨水利用
干潟と渡り鳥
里山の再発見
緑の回廊とタヌキ
ビオトープ
路面電車の復権とLRT
コミュニティ・バス
住む人たちが共につくる団地
公的施設の計画、運営とNPO
阪神大震災と体験の記録
イサム・ノグチのモエレ沼公園
アンコール遺跡の修復事業
ヒートアイランド現象
東京では、100年間に年間平均気温が約2℃以上上昇している。これは地球全体の温暖化による分よりずっと大きく、大都市は周囲に較べて気温が高いヒートアイランド(熱の島)になっている。とくに、都心部では郊外に較べて夜になっても気温が下がりにくく、熱帯夜の日数が増えている。緑の減少、コンクリートやアスファルトなどの面積の増大、自動車などの廃熱の増加などがこうした現象の原因になっている。また、夏の暑い日にはクーラーの使用が多くなり廃熱が増えるという悪循環が起きている。
屋上、壁面の緑化、浸水性舗装への変更などとともに、クーラーに過度に依存せずに、通風や除湿の工夫で夏を過ごしやすくすることが重要だ。
お勧めサイト
東京都環境科学研究所 / ヒートアイランド現象の解明に向けて
http://www.kankyoken.metro.tokyo.jp/japanese/news/news02/news02.htm
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ