EcoNaviインデックスへ
市民がつながる 市民がつながる 「平和主義/非暴力の紛争介入」のエコ・トピックス
国際平和旅団
(Peace Brigade
International)
非暴力平和隊
(Nonviolent
Peaceforce)
グァテマラの悲劇
コスタリカの
非武装平和主義

エキスプラス和平合意
グァテマラの悲劇
 1954年、グァテマラの改革志向のアルベンス政権を「親共産主義的」として、米国は軍事力で強引に介入して転覆させた。代わって政権を掌握した右派の将軍は、「親共産主義的」と判断した人物を殺害した。この強引な米国の介入のために、グァテマラでは左翼ゲリラと軍や警察の間の長い暴力紛争の泥沼に落ち込んでしまった。米国は軍事援助と訓練によってグァテマラ陸軍を残虐なゲリラ鎮圧軍に鍛えあげた。軍によって、先住民の多くの村が焼き払われ、あちこちで大量虐殺が行われた。ようやく96年になって、政府と抵抗組織との間の和平合意が成立した。
お勧めサイト
ウィリアム・ブルム「希望を殺す」
「第37章 グアテマラ 1962年から1980年代 あまり知られていない「最終解決」」益岡賢 訳
http://www.jca.apc.org/~kmasuoka/persons/kh37.html
Piet van Lier "Guatemala: A War Called Peace
---A Visual Journey with Peace Brigade International
http://www.peacebrigades.org/guatemala/cap-piet01.html
A "killing field" in Americas : US policy in Guatemala"
http://www.thirdworldtraveler.com/US_ThirdWorld/US_Guat.html
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ