EcoNaviインデックスへ
市民がつながる 市民がつながる 「コミュニティ・マネー/地域通貨」のエコ・トピックス
地域通貨の可能性
LETS
イサカ・アワー 草津の「おうみ」
イサカ・アワー
イサカ・アワーは代表的な地域通貨のひとつで、ニューヨーク州のイサカ市で使われている。LETSの考え方を学んでいるが、LETSと違ってアワーという地域の中だけを流通する紙幣を発行するシステムだ。発行するのは、非営利の民間団体で発行量や発行の仕方は、評議会で決める。システムに参加し、アワーを受け取る意思を表明した人は、提供したいコト、モノを登録する。アワーの紙幣はドルと違って地域の中の人々の間をめぐっていることが実感できるため、アワーを使うことで、地域の中のさまざまな仕事や地域の人どうしのつながりへの関心が深まるという。アワーの発行量の一定の割合が、地域のNPOなどの市民団体に贈与される。
お勧めサイト
Ithaca HOURs Online
http://www.lightlink.com/hours/ithacahours/
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「地域通貨(コミュニティマネー)の可能性」
関連の深いエコトピックス
 
EcoNaviインデックスへ