WebMag logo

 今月の古島清美さん

夢を感じる


        会人になってはや1か月が過ぎましたが、「いやぁ〜、社会人って意外と大変なんじゃんっ」っていうのが今の私の正直な感想。自分の旅行計画よりも仕事の進行具合 が優先、平日に美術館に行きたくても仕事が終わる頃にはもう閉まってるし....。 趣味の時間が全然とれないのって結構ストレスたまります。よっしゃぁ、気分転換に インターネットで楽しむか!って思っても、最近じゃ家には寝るために帰るだけになっちゃ ってるしね。疲れきって帰って何もせずにベッドに横たわったらもう終わりって感じ。 次に目が覚めたときは朝、な〜んてことも度々でホント最近むなしくなってる。

        。子供の頃、青春真っ盛りの頃(高校や大学時代のことね)、私はどんな夢を持ってたんだろう。 慣れない忙しさに流されてる間にもふと、そんなことを考えたりします。 世界各国を飛び回るツアーコンダクター?
        流行を先取りするイラストレーター?
        新進気鋭の芸術家?
        険しい未知の世界を開拓する冒険家?
        自分がこの先、どんな道に進むのかが一番の関心事だったのに。あの頃は夢をあふれるほど 持ってたのに、今は....。

        分の生きていく道がちょっとだけ見えてきちゃった今(まだこんな風に思うのは早すぎるよーというご指摘もありますが(笑))、まだまだ進む道を探し続けている、あるいは探し始めた同年代の人達の活躍にやけに目がいくようになっちゃったなぁ。
        あとはね。すでに夢をかなえちゃった若い人達にも注目してます。特にインターネット上で私が気分転換に旅行やアートのページを訪ねている時に、そういう人達に出会う確率が非常に高い。彼等は本当に、すごい! それとまぶしい!だからとっても羨ましい!んだけど、私自身も刺激を受けて心臓を バクバクさせてがんばろーって思えるから、やっぱり目が離せない。

        えば、現代美術家の中村ケンゴ氏のページ『SPEECH BALLOON on the web』(http://elis.lamu.co.jp/~kengo)では、若い芸術家たちの”今”が見えてくる。それも力んだ熱っぽさではなく、どこまでもクールにみえるから、こちらも気負わずに楽しんで刺激を受けられる。それと、ネットで発見してからそのキャラクターの可愛さに惚れこんで何度も訪問しているのが『Funky RadicalWorld』( http://www.big.or.jp/~radical/ )。イラストレーター、ラジカル鈴木さん(注:男性)のどこまでもラブリーでファンキーな世界にもうメロメロです。そのまなざし、ファッション、スタイル、バランス等など、「これってもしかして今どきの女性が描いたんでしょ?」って思わせてくれるところが面白い。

        に出かけられない鬱憤ばらしに旅のページをさまよっていて出会ったすごいヤツのページが、10万円ポッキリで出発してとうとう2年間で32カ国を放浪しちゃった という『元祖猿岩石マリオの世界一周貧乏一人旅』(http://www.iijnet.oe.jp/GJI/tabi.html )。トップページのコメントの中に「中学1年、英語を習い始めてからずっと長い間思い続けた夢だ。想いの実現。

        青春は爆発だ! 当って砕けろ! レッツゴー!!」 っていうところがあって、思わず「そうだ!砕けることなんてちっとも恐くな〜い!!!」って一緒になって叫んじゃった(笑)。夢を勝ち取るパワーを分けてもらいたい人はぜひどうぞ。

        もさ〜、社会人になっちゃうと結局、旅行なんて全然できないんだよね〜」と諦めムードにはいってるあなた。そんな人はこの方にパワーをもらっちゃいましょう。”やまじゅん”さんこと、『I LOVE TRAVEL』やまだじゅんこさん(http://www.yk.rim.or.jp/~yamajun/ )はOLにして世界各国を旅している強者。好きなことを追い求める楽しさや素晴しさと、時間はいくらでも作れるものだということを教えてくれますよ。

        回紹介するページ は、ただ「羨ましいな〜」だけで終わらずに、一歩進んで 「みんながんばってる。私は私の道を進み続けよう、がんばろう、夢をかなえよう」って思わせてくれるよ。 絵でもいい、詩でもいい、旅でもいい。夢を、道を探しつづけるっちゅうのは最高だね。





        今回アクセスしたページ

        『SPEECH BALLOON on the web』
        (http://elis.lamu.co.jp/~kengo)
        アーティスト、 中村ケンゴ氏が同世代(1960 年代後半〜1970年代前半生 まれ)の作家たちとの様々な交わりを見せてくれる。若い作家達の考えていることを知りたい人はGO!

        『Funky RadicalWorld』
        (http://www.big.or.jp/~radical/)
        ラジカル鈴木のイラストレーションSiteであるこのページには、その名の通りスーパーラブリーでスーパーファンキィな世界が広がっているよ。
        『元祖猿岩石マリオの世界一周貧乏一人旅』
        (http://www.iijnet.oe.jp/GJI/tabi.html)
        何がすごいって、10万円ポッキリで出発してとうとう2年間で32カ国を放浪しちゃった20歳時の彼の精神がすごい。そして何よりもトップページの写真とコメントが最高によい。
        「中学1年、英語を習い始めてからずっと長い間思い続けた夢だ。想いの実現。青春は爆発だ! 当って砕けろ! レッツゴー!!」

        『I LOVE TRAVEL』
        (http://www.yk.rim.or.jp/~yamajun/)
        OLやまじゅんさんの旅行記が中心。とにかく読んでいておもしろい!退屈な旅行記ページが多いなか、一緒に旅してる気分にさせてくれるこのページはネットの宝です。