WebMag logo

 今月の橋本さん

13日の金曜日にトランプゲーム、
ついでにニワトリコケコッコー



        ンターネットで怖いのはウィルスとデマである。どちらも一瞬にして広まっちゃう可能性があるからだ。このふたつは時々一緒になって「デマウィルス」になる。まあ、「ウィルスデマ」でもどっちでも良いのであるが...。

        こんなメールが最近やけに流行している。幾つか細かいバージョンがあるみたいだけれど、だいたい趣旨は大差ない。

        ------------------------------------------------------------------------「●●●」というサブジェクトのメールを受け取ったら読んではいけない。開いた途端にあなたのコンピュータにウィルスがうつってしまう。大変だ。さあ、大切な友達にこのメールを転送して教えてあげよう。------------------------------------------------------------------------
        ログラミング経験のある方ならご存知のように電子メールのテキストだけでウィルスを作るなんて不可能である。ど〜んなに天才プログラマだって、テキストでウィルスは作れないのだ。だからこのメールの内容はデマである。*注意

        デマなんだけど、世の中みんながプログラマじゃないから、コンピュータには詳しくないけれど親切な人たちが、どんどんこのご注意メールを転送しまくる。参加者が何百人もいるメーリングリストなんかにも投稿しちゃうので、これまたいっきに何百倍化する。でもって、メーリングリストには事情通の人が必ずいるもので「それはデマメールだよ」「そういうメールは転送しちゃいかん!(怒)「すみませ〜ん、知らなかったです」とご注意メールにご注意メールがつながって、ありゃありゃで、また増える。1通流れる度にメーリングリスト経由で関連メールが何百通にも増殖してしまう。こうして現在、インターネット電子メールの50%近くはデマメール関係だったから驚きだ(デマ)

        こういうデマが増える背景には、世の中のみんなが「ウィルスは怖い、でも実のところあんまりみたことないし仕組みも分からん」という気持ちがあるんじゃないだろうか。多分。

        はかくいう私も15年もコンピュータやっていながら自分のコンピュータがウィルスに感染したことなんて一度もない。そこで、ちょっと調べてみた。ここではお教えできないけれど、海外のアングラなサイトには20のウィルスをパックにしてダウンロードできるページなんていうのもあった。何に使うんだろ???

        ウィルスというのは感染しちゃうとやっかいだ。こんなことがおきてしまうらしい。

        • 13日の金曜日になると重要なファイルが削除される
        • ウィルス作者のコメントが1000回も自動的に印刷される
        • 特定のアプリケーションを使うとハードディスクの内容が吹っ飛ぶ
        • 突然妙なトランプゲームが始まって負けるとハードディスクが飛ぶ
        • 無害なんだけど突然ニワトリが鳴く声が聞こえる
        • ボーカルが自殺したロックバンドの歌詞が表示される(無害?)

        う〜ん、随分いろんなことが起きるなあ。ニワトリが鳴くのは構わないけれどハードディスクは飛ばしてほしくないものだ。トランプゲームは弱いからこれまた嫌だ。やはり、ウィルスとは無縁でいたいものだと思う。

        こで、今回はウィルス対策系のサイトを幾つか調べてみた。

        マカフィー株式会社
        非常に多くのウィルスの情報、感染した時の画面や症状がビジュアルでも解説されている。なんで異常に詳しいのだこの会社?と思ったらウィルス対策ワクチンソフトの開発メーカーさんでした。

        トレンドマイクロ株式会社Anti Virus News
        マカフィー社と並ぶウィルスワクチン開発メーカー。ここではウィルスとその対策に関する最新情報が集められている。ウィルス情報はとにかく速く入手しよう。

        肩のこらないページ
        普通の個人ページなんだけれど、ウィルスやハッキングなどの問題に関して興味深いコラムを書かれている。実に分かりやすい。デマメールに関しても詳しい。

        情報処理事業振興会
        ウィルス関係の情報を集め、対策を発表する頼もしい組織。万が一ウィルスに感染してしまったらここに報告しておこう。他での被害を最小限にくいとめることができる。

        Computer Virus Information Server
        慶応大学の学生さん?が運営されている素晴らしく充実したページ。ここではウィルスの分類やデータベース、その他の研究が読める。おすすめ。

        *注意
        (厳密なことを言うと電子メールには画像やプログラムをテキストと一緒に送る「添付機能」というのがあるので、そういう機能を使ってウィルスを送ることはできる。知らない人からやってきた添付付きメールには気をつけましょう!また一部のメールソフトは設定によっては大変ウィルスに弱いものがあります。)