WebMag logo

 今月の橋本さん

リアルタイムコミュニケーション
3種の神器



        こ最近の私の脳内ブームによるとICQ、IRC、NETMEETINGがトレンドです。
        今回はこの3つのツールと関連Webサイトを御紹介していきたいと思います。

        ●<ICQ
         世界で600万人が利用しているコミュニケーションツール。600万人といったら、日本のインターネットユーザと同じくらいなのでは?。数々の賞に輝きまくりなのですが少々難解なマニュアルが日本語化されていないせいか日本での人気はまだそれほどでもないようです。とにかく多機能なのですが、簡単に説明しますと

        • ICQユーザ同士がオンラインかどうかを確認できる
        • リアルタイムにメッセージをデスクトップへ届ける
        • URLを送信すると相手の端末のブラウザを立ちあげて表示する
        • 簡易チャット機能
        • 電子メールやその他コミュニケーションツール多数との連動


         この中でもユーザ同士がオンラインかどうか確認できるというのは画期的な機能です。
        なにがいいのかといいますと、夜中に寂しくなったときに話し相手を探し出せるの一言につきます(笑)ICQにオンラインと表示されているということは相手もオンラインだという意志表示をしているわけですから。
         でも、ふと思ったんですが、なにしろデスクトップに常駐するICQですから相手が共有端末の場合、誰が使っているのかは特定できません。彼女にラブラブメッセージをICQで送ったら彼女の親父さんが見てしまった、ドッヒャー、なーんて事故が起きそうな可能性を秘めるアプリケーションなのではあります。

        ●<IRC
         これはICQとは違って非常に伝統のあるチャットシステムです。このチャットのなにがいいのかというと速いのです。WEB上のチャットとは比較になりません。リターンキーを押した瞬間言葉が飛んでいく感じです。20人程度で会話をしても速度が落ちないのも魅力です。

         またプライバシー保護の機能設計もなされており、特定の人物しか入室できなくしたり、部屋名を知らないと入室できなくしたり(暗号みたいですね)、嫌いな人をKICKコマンドでチャットから放り出したりすることができます。

         実際これを使って毎晩編集会議を行いメールマガジンを発行している組織もあるくらいですから仕事にも使えます。テキストオンリーのチャットを追求するならIRCということになるでしょう。

        ●<NETMEETING
         マイクロソフトのコミュニケーションツールのNETMEETINGはマルチメディアテレビ会議ソフトと呼べそうなものです。このソフトを活かすには最低限、マイクとスピーカー、サウンドボード、メモリたくさんを用意しましょう。できればCCDビデオカメラがあれば更によいです。高速テキストチャット、音声通信(電話)、ホワイトボード、アプリケーション共有、双方向ビデオ会議などがこれ一本で実現できてしまうすぐれものです。

         NETMEETINGのサーバには用事のある人と用事のない人が私の分析では2:8くらいの割合で参加していますから、もし誰もNETMEETING仲間がいなければ、用事のなさそうな人に声をかけてみましょう。

         音声通信は新鮮な体験です。米国にいる友人とも市内電話料金で何時間でも話せますし、同じ音楽を聴きながらチャットをすることだってできてしまうのです。端末の前でひとりマイクに向かって深夜にぶつぶつ話している私はもうそろそろ家族から心配がられておりますが...。

         これに動画が加わればなおさらコミュニケーションは密になります。

        だきをつけねばならないのが、プロフィール部分にエッチ系の言葉を書いていてかつビデオがオンになっているユーザです。接続した途端全裸の男性が動画であなたのデスクトップへ登場することがあります。私のデスクトップにも何度か登場されました。そういうことがあるとなんかむなしいので「ご立派!」とでも言い残してさっさと接続を終了して寝てしまいましょう。






        今回アクセスしたページ

        *ICQの公式サイト
        (http://www.mirabilis.com/)
        ソフトウェア(95、3.1、Mac、Java)のダウンロードと説明が読めます。しかしすべて英語でややこしいので次のサイトがおすすめです。

        ICQ初心者倶楽部
        (http://www.geocities.com/Tokyo/Temple/1430/)
        ICQの使い方が図解されていて文章もやさしくくわしく入門にぴったりです。

        IRC−Begining Internet Relay Cha
        (http://www.venus.dtinet.or.jp/~otaka/IRC/)
        IRCは設定が面倒なのですが、そのわかりにくい部分を分かりやすく説明してくれています。IRCは敷居が高いですが一度入ってしまうとはまってしまいます。是非一度チャレンジを。

        NetMeeting(マイクロソフト社)
        (http://www.microsoft.com/ie_intl/ja/netmeeting/)
        無料でダウンロードできます。ファイルサイズが少々大きめなので手持ちの雑誌の付録CDに収録されていないか調べてみると良いですよ。