橋本大也

なんとまあ今月はアップルの元CEO(最高経営責任者)であるジョン・スカリー氏と彼の誕生日に肩を組んで写真を撮ってまいりました。
え、なんのことかって?
それはGABBYエキスポキャスター(http://www.gabby.net/expo/
comdex98/index2.html)をぜひご覧ください。うーん、感動でした。次は誰と肩を組もうか...と調子に乗るのはやめておきますです。

橋本さんのHomePageへ

◆◆今月の橋本さん〜インターネットの地図も便利になってきた◆◆

なさん、モバイルしていますか?先日、幕張メッセで開催された世界最大のコンピュータ展示会、COMDEX'98 Japanではモバイルコンピューティングのコーナーにひとだかりができていました。モバイル端末用WindowsOSであるWindows CE2.0搭載の機種を各社が一斉に発表したからなのです。CE2.0はカラー液晶に対応しており、ホームページも鮮明に見ることができるようになりました。CE1.0の白黒液晶では写真を表示させるとグチャグチャで何が写っているのかさっぱりわからないなんてことももうなくなったのです。CE1.0の機種を使っている私からするとうらやましい限りなのであります。

てカラー液晶になって嬉しいのは地図が見やすくなったことです。仕事やアフターファイブに出先でインターネットに接続し、地図情報をチェックできるのはモバイルで最も便利な使い方のひとつです。わざわざ歩き回らなくても、現在地の周辺地図からおいしいお店やホテルを探し出せるのですから便利な時代になったなあとつくづく思います。さて、今日はインターネットで使える地図サービスの紹介です。

<Mapion>
Mapionは560メートル四方が1画面の地図を中心とした全国地図ディレクトリサービスなのですが、地図や検索条件から登録されている様々な情報にアクセスできます。登録されているお店やレジャー施設情報が取り出せるのです。でも、一番の使い道は、待ち合わせ場所や会社の周辺地図のURLをメールで知らせることができる点です。たとえば私の自宅は( http://www.mapion.co.jp/cgi-bin/m?no=2axhsm-22jhwn )で会社はココなのです(http://www.mapion.co.jp/cgi-bin/m?no=2b0xyk-22ng08 )。メールに画像を添付しなくてもスマートに場所を教えあえるのがいいでしょう?

<駅前探検倶楽部>
駅前探検倶楽部は地図サービスとはちょっと違うのですが、電車路線図と時刻表を組み合わせたサービスです。現在地から目的地まで何時何分の電車に乗っていけば良いか、乗り換え時刻まで詳細なデータが表示されます。これ、なにが嬉しいって、やはり、終電の時間がモバイル端末から確認できることなんです。飲み会で「終電大丈夫かなあ」と気をもむよりはちょっとモバイルでアクセスして時間を確認してしまえばお酒もおいしく飲めるというもの。まさに終電時間検索専用のコーナーもあったりしてよくできてるなあ。

<Sensorium>
Sensoriumはインターネットでさまざまな実験を行うプロジェクトなのですが、この中のWebHopperがコンセプト最高です。インターネットで流れるすべての情報はパケットという単位で流されています。電子メールもホームページもすべてパケットでできているのです。このパケットを世界中のホストコンピュータがTCP/IPという決まりに従ってバケツリレーを行います。パケットにつけられた「○○行き」という札を見て、ホストコンピュータはできる限り近道を探しながら、隣のホストコンピュータに渡していくのです。

<Map of Japan>
レポートに使う地図として、あるいはホームページの素材として日本の地図がほしくなったらこのサイトを見てみるといいです。このサイトでは日本全国や県別の白地図があるだけでなく、指定したとおりに色分けした地図を合成してくれるプログラムが無料で公開されているからです。出来上がった地図は「地図はご自由にお使いください(どのような改変も可)」と親切なメッセージがあるのでいろいろと活用させてもらいましょう。

<VISTA PRO 2>
<Bryce3D>
これは地図とは少し違うのですが、ある意味地図より面白いかもしれません。地図情報に基づいて3Dの精密な景観グラフィックスを作成するためのソフトです。3Dのパソコンゲームなどには美しい背景が出てくるでしょう?ああいうのを素人でも簡単に作ってしまうのがVistProです。私はこのVistProとBryceという2種類の景観生成ソフトウェアを持っているのですがどちらも嘘みたいにお手軽に、3Dの芸術的な景色を合成できます。あなたはクリックするだけでいいのです。コンピュータグラフィックスに関心はあるけれど、絵の才能ないし、難しい技術はわからない、でもやってみたいというあなたはきっと満足できます。だって私もそういうタイプでしたから。たとえばBryceで作られたCGを見てください(<Bryce3Dのギャラリー> )。作りたくなってきたでしょう?

今回アクセスしたページ


Mapion
(http://www.mapion.co.jp/)
駅前探検倶楽部
(http://ekimae.toshiba.co.jp/)
Sensorium
(http://www.sensorium.org/index-j.html)
Map of Japan
(http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/map/map.html)
VISTA PRO 2(エー・アイ・ソフト)
(http://www.aisoft.co.jp/aisoft/japanese/products/vispro/vispro.htm)
Bryce3D(MetaCreations)
(http://www.metacreations.com/products/bryce3d/)
 Bryce3Dのギャラリー
(http://www.tat-usa.com/festival/fhistory.htm)


InfoNavigatorここから思いついた言葉でホームページを検索!
*半角カナは使用できません
オプション検索 ヘルプ