井上優

 今日、中国陰暦でいう『春節』、つまり「元旦」を迎えました。大半の人がホームタウンに帰省するため、いつもは渋滞に悩まされるクアラルンプールも、今日は閑散として静かな街となっています。

井上さんのHomePageへ

◆◆今月の井上さん〜中国のお正月に和菓子づくり挑戦!◆◆

レーシアに住む私達日本人にとっては、今年3回目のお正月を迎えています。(笑) 1999年の幕開けである1月1日、1月半ば過ぎにはマレー正月、そして今日迎えた中国正月。おめでたい事は何回あってもいいですよね。(^^)日本に似ているのですが、ここの中華系の人達はお正月になると、箱入りのマンダリンオレンジを『お年賀』として親しい方、親類に配ります。オレンジをお金に見立てて、商売繁盛を祈願するのだとか。だからこの時期になると町中のいたる所で段ボールを山積みにしてみかんを売っています。年末の日本の光景に似てるでしょ。
 そして正月が明けると今度は『魚生(イーサン)』と呼ばれる中華前菜から始まる料理を食べ、新年を祝います。これはちょっと変わった料理で、細切りにした野菜や揚げ湯葉、ナッツ、ポメロという柑橘系果物などに生のサーモンや白魚を載せ、その上からドロッとした甘ダレをかけて、円卓を囲んだ人達でそグシャグシャにかき混ぜて食べます。その時に箸で具を高く持ち上げながら、「商売繁盛!」「いっぱい儲かりますように〜」とかけ声を掛け合います。やっぱり中華系の人達にとって『商売繁盛』というのは何よりも大事な課題のようですね。これは一種のセレモニーのようなものですから、年明けと同時に客筋、知人とこの食事会を必ず催します。毎年この一週間の間に5、6回は食べますね。この『魚生』は前菜ですから、その後には7品ほどのコース料理が続きます。連日の昼、夜中華フルコースは結構きついものがあります。例年この後しばらくは中華料理と離れて過ごしますね。(笑)

んなことで今週は『中国正月』でマレーシアはお休み状態。そんな中のんびりとこの原稿を書いています。つまり、この一週間のお休みにどこにも行かないという事で、家族からは不満の声が..。この時期は日本の盆暮れ正月&ゴールデンウィークが一緒に来るようなビックなフェスティブシーズンの為、半年くらい前から海外便を含め、予約が埋まっていきます。今年もやっぱり(?)出遅れてしまい、行きたい所へのチケットが取れませんでした。
 そんな家族の視線を気にした、「何して遊ぼうか〜」という苦し紛れの親父の問いかけに、5年生になる双子の息子、娘から「じゃー、みんなでお菓子を作ろ〜」という子供らしい提案が。学生時代にはバイトで毎日ケーキを焼いていた私の腕がうなるところですが、「ただケーキを焼いてもつまらないよねー。何か変わったものに挑戦しなくっちゃ」という思わぬ妻の突っ込みに、「よし!和菓子を作ってみよう!」という事になってしまいました。
 もちろん和菓子など作ったことがない私ですが、元来の甘党&あんこ好きで、和菓子には前から興味津々でした。マレーシアで簡単に口にできないということもありますが、雛祭りの桜餅、端午の節句の柏餅など、旬の材料を使い、季節の色、形を表現するなど、時節の移ろいを大切にする和菓子というのは、日本の四季の美しさを細かに表現できる唯一の嗜好品ですよね。

はいうものの、すっかり和菓子から遠ざかっていた我が家では、まずはリハビリ(笑)をかねて、和菓子サイトをネットサーフィンしてみることにしました。探索を始めて気づいたのですが、今や全国の和菓子屋さんのホームページが相当数あるんですね。いやぁー驚きました。
 全国和菓子協会の<和菓子について>ページは和菓子の歴史、種類などまさに和菓子辞典のようなサイトで、何気なく食べてきた和菓子の由来など、思わず頷いてしまう話が満載。やっぱり和菓子はあんこで決まるでしょ!っとあんこサイトで見つけたのが<つぶあん達>なるサイト。何事にもこだわりを持った人がいるんだなぁと感心しきりのあんこ一色サイトで、全国から寄せられた『うまいあんこ情報』は必見モノです。
 これは和菓子のジャンルからは少し離れますが、<横浜中華街あん饅図鑑>も是非ご紹介しておきたいサイトです。横浜中華街の中華あん饅を調べ上げたその『こだわり』には拍手を送りたい気持ちになります。やるからにはここまでやらなくっちゃねというオモシロサイトでした。
 まだ未完成ながら、元和菓子職人の方が作られた<和菓子のページ>の『あんこの作り方』はプロの匂いがして、是非参考にしてみようという事になりました。これで美味しいあんこはもらったな!なんて喜んだりして。(笑)
 『梅ふくさ』で有名な水戸の和菓子屋さん<御菓子処 ふじもと>のページでは和菓子の豆知識をはじめ、全国に拡がる『和菓子のリンク』が圧巻でしたね。お菓子リンク集では<世界お菓子めぐり>が和菓子をはじめ、世界各地のお菓子サイトをジャンル別、国別で検索できるすぐれモノで、お菓子好きの方のネットサーフィンには 重宝されるサイトだろうなと感じました。

ット上を一巡りしたところで、我が家の挑戦課題は『大福』と決定致しました!
 雛祭りも近いので桜餅といきたいところですが、塩漬けの桜の葉はちょっと手に入りそうにないので、最も基本的な、和菓子の王様とも言える(?)『大福』に落ち着きました。

 さてさて、どうなりますことやら。明日をお楽しみに!

今回アクセスしたページ


全国和菓子協会
(http://www.wagashi.or.jp/top.htm)
つぶあん達
(http://www.izu.co.jp/~rickey/index.html)
Yokohama Bay Side Wave
(http://www.yokohama-web.com/)
やまちゃんのHOMEPAGE
(http://village.infoweb.ne.jp/~fwjb1665/)
御菓子処 ふじもと
(http://www.mito-fujimoto.co.jp/)
サロン・ド・ロワイヤル
(http://www3.meshnet.or.jp/s-royal/)


ここから思いついた言葉でホームページを検索!

InfoNavigator
*半角カナは使用できません
検索のコツ