WebMag logo

 今月の金子さん

逆リンクは何処へ往く


        WebMagも創刊はや半年を過ぎ、秋も深まる今日この頃、検索についての些末な印象記を綴ってきた11サーチャーズの原稿も、そろそろ持ちネタが尽きかけ、締め切りを前に頭を悩ませることが多くなってきました。世間はと見れば、インターネット雑誌では検索についての特集が組まれ、また検索技術を競うコンテストが開催されるなど、インターネットの世界の膨張に呼応するように、検索をめぐる話題はますます盛り上がりを続けています。
         「いかん! こんなことでは世の中の流れに乗り遅れてしまうっ!」と多少の危機感に襲われたこともあり、今回はもう一度初心に立ち返り、検索についてお勉強しなおしてみることにしました。そう、人間は一生が勉強なのですっ!

         <Usui's HomePage>は、プロフェッショナルのサーチャー(データベース検索技術者)である臼井裕一さんのページです。「Searcherの部屋」では、サーチャーという職種についての説明や、過去のサーチャー試験(データベース検索技術者認定試験)の問題、インターネット上での情報の探し方のコツなどが紹介されていて、大いに参考になります。もちろん、プロの技をいきなり我々の日常の検索に使おうとするのは大変ですが、自分がふだん我流でやっている検索を見直すきっかけを与えてくれます。

         <検索デスク SearchDesk>は、浅井勇夫さんによる、インターネット上の検索についてあらゆる情報を網羅した検索総合窓口のようなサイトです。検索関連のニュース、各検索サービスの解説と一括検索、検索にまつわるコラムなど、これさえあれば検索の用事はすべて解決してしまいそうなくらいの充実ぶり。いやぁ、すごい人がいるものです。

         検索についてのまっとうな知識はこうしたサイトで得ていただくとして、ここからは例によって、何の意味があるのかわからない検索のお話です。
         いくつかの検索エンジンには「リンクの逆引き」という機能があります。これはどういうものかというと、例えば、「WebMag」のトップページのURLである「http://webmag.infoweb.ne.jp」を検索キーワードとして入力すると、このページにリンクを張っている様々なページをリストアップしてくれるというものです。これを使えば、自分のホームページにリンクを張ってくれているのは誰かな?、なんてことがわかってしまう、ホームページ管理者にとっては大変ありがたい機能なわけです。
         で、このリンクの逆引き機能は、一般的には上記のような用途に使うのが主なのですが、なんとかこの機能を別な用途に使いたい、この機能を使って何か面白い発見ができないかな、とずっと考えていました。

         とりあえず思いついたのは、リンクの数の多さでもってそのサイトの人気度を測ってみようというもの(件数はすべて10月某日のもの)。
         まずはよく話題になる組み合わせとして、<Microsoft>と<Apple Computer>を比較してみました(いずれも米国本社)。米国の検索エンジン<HotBot>で調べたところ、Microsoftは1,259,000件、Appleは71,271件でMicrosoftの圧勝。
         これは、MicrosoftにはInternetExplorerのダウンロードサイトがあることも関係していると思ったので、今度はInternetExplorerと、<Netscape>のNavigatorの、それぞれのダウンロード用ページ(いろんなホームページにリンクボタンが貼られてるアレ)で比較しました。検索エンジン<Infoseek>でもって、まさにそのページに貼られている両者のリンクボタンのURLの逆引きをしたところ、結果はExplorerが14,719件、Navigatorが67,985件と、これはNetscapeの勝ち。
         こうなると、こんどは検索サイトどうしの比較もしたくなります。おなじみ<Yahoo! Japan>と<goo>のトップページへのリンク数を、公平を期すために<InfoseekJapan>で調べたところ、Yahoo!Japanは44,270件、gooは6,689件となりました。ここらへんは、検索サービスとしての期間の差が出たというところでしょうか。
         もちろん、リンク先のURLの設定いかんによって結果の件数は異なってくるので一概には言えませんが、リンクの逆引きはサイトの人気を推し量る参考になりそうです。

         それにしても、せっかくのリンクの逆引き機能、もっと意外で面白い使い方があると思うのですが、今のところ発見するに至っていません。「こんなこともわかるよ」という情報がありましたら、ぜひ教えてください。