金子伸二

『あちゃら』8月号の検索エンジン特集で登場させていただきました。といっても、例によって私がするのは、勉強やビジネスには役に立たない「無目的」な検索のススメ(特集自体は実用的です、念のため)。恒例となった某検索コンテストもどこ吹く風。目的の魚を必死に釣り上げるよりは、ボケ〜ッとしながら釣り糸を垂れることに喜びを見いだしているようです。こりゃ、だいぶ枯れてきたかなぁ。

◆◆今月の金子さん〜『夏休み自由研究』の巻◆◆

ごろ世間の学生さんは夏休みの真っ最中です。暑さがピークを迎えるこの時期に、1か月以上にわたって休んでしまうというのは、実に正しい。社会人もぜひ見習うべきだと思います。
 それでなくても、近ごろの小学生さんは忙しいですね。早朝から満員電車に揺られて遠距離の学校へ通い、アフター・スクールは塾やお稽古教室でスキル・アップを図り、御帰宅は深夜に及ぶのだからして、せめて夏休みくらいは、疲れた心身をゆっくりと休ませていただきたいものです。

はいうものの、その貴重な夏休みに立ちはだかるのが「自由研究」というシロモノ。小学生さんや、その親御さんにとっては、これがけっこう悩みのタネのようです。もし8月31日になっても、ドリルやお天気なら友達のを写すという禁断の技がありますが、こと自由研究となると、そうはいかない(あ、日記と工作もあったっけ)。ふだんの地道な積み重ねがモノをいう世界なのです。
 実は、本誌「WebMag」14号の特集「縄文の漆/漆の未来」の中で重要な役割を果たしているホームページ<私の目と心で感じた輪島塗>も、輪島市の塩士慈恵さんの小学校での自由研究がもとになっています。漆の特性や漆器の製造工程が、実によく説明されていて、関心することしきり。小学生の自由研究といって、あなどれないことがよくわかります。
 かくいう自分の場合を振り返ってみると、果たして自由研究をやったのかどうか、何をテーマにしたのかすら憶えていないくらいだから、きっと牛乳のフタでも集めたくらいで、適当に済ませていたのでしょう。お恥ずかしいかぎり。

 <学研>が発表している<小学生まるごとデータ>によれば、1984年と1994年を比べると、夏休みに自由研究をする小学生は大幅に減少しているそうです。自由研究をしても試験の点数がよくなるわけではない、というのがその主な理由らしいのですが、先生にとって指導や評価にそれなりの力量が求められるというのも、理由としてあるように思えます。
 実際の研究テーマでは、「アサガオの観察」(やったな〜)が84年も94年も1年生の夏休み自由研究の王道であることがわかります。84年にあって94年にないのが「アリの観察」!。昆虫採集すらメンドウな小学生(私だ)には格好のテーマでしたが、今やどこも舗装されて、アリさんすら珍しくなってしまったんでしょうか。その他、94年になってくると「飲み物の成分」や「酸性雨」といったハード&リアルなテーマが登場してくるのも、時代を感じさせます。最近の小学生って、社会派なんですねぇ。

由研究には「調べる」という作業が不可欠ですから、それをインターネットで助けてあげることで、家庭内でのオトーサンの株が一気に上がるかもしれません。自由研究に役立つページをいくつか紹介しましょう。
 <こねっと・ワールド><夏休み自由研究>では、自由研究についての情報を総合的に提供しています。自由研究の基本的な考え方や、研究の進め方・まとめ方、研究に役立つリンク集のほか、実際に研究の成果を発表しているページも紹介されています。
 <NHKエデュケーショナル>の<やってみようなんでも実験>では、NHK教育テレビで放送中の「やってみようなんでも実験」での、過去の実験内容をイラストで紹介しています。身近な素材を使ってできる実験もあり、なかなか楽しそう。手作りロケットなんて、う〜ん、やってみたいッス。
 <国際大学グローバルコミュニケーションセンター><キッズページ>では、子どもたちの作品を展示しているページや、児童教育関連のページへのリンク集があります。なぜか、いまの東京タワーの映像(なかなかオツ!)が見られたりもします。
 <INTERNET Watch><夏休み自由研究おたすけサイト>は、こうした自由研究に役立つサイトを集めたもの。昨年の情報ですが、視点をいろいろ広げるのに役立ちます。

の他、自分の住む町や別の地域の情報を検索エンジンで集めたり、わからないことを詳しそうな人にメールで問い合わせたり、研究成果をホームページで発表したりと、いろいろな利用法が考えられそうです。

いうことで、自由研究のためのページはいろいろあることがわかりましたが、「研究」という言葉が付くせいか、どうも「お勉強」っぽくなってしまうのが気になりました。テーマにしても、本当に「自由」な、自分が興味のあるものというより、どこかオトナ(先生)の目を意識しているようで、ちょいと寂しい。むしろ、オトナの目にはおよそ「研究」に思えないようなことを追いかける方が、本人もやってて面白いと思うのですが、いかがでしょうか。

あなたはこの夏、どんな自由研究をしますか?

今回アクセスしたページ


輪島漆器商工業協同組合
(http://www.wajimanuri.or.jp/)
学研(学習研究社)
(http://www.gakken.co.jp/)
こねっと・ワールド(WNN-SCHOOL)
(http://www.wnn.or.jp/wnn-s/index.html)
やってみようなんでも実験
(http://www.nhk-ed.co.jp/science/labo/index.html)
国際大学グローバルコミュニケーションセンター
(http://www.glocom.ac.jp/)
INTERNET Watch(インプレス)
(http://www.watch.impress.co.jp/internet/index.htm)


InfoNavigatorここから思いついた言葉でホームページを検索!
*半角カナは使用できません
オプション検索 ヘルプ