WebMag logo

 今月の真柄さん

シラミとの遭遇


        界でもきれい好きで有名な日本人。ところが、このきれい好きな国の子ども達の間に密かにシラミが蔓延しているのをご存じでしょうか?

         シラミなんて、戦時中の話でしょう? 

        年前まではわたしも無邪気にそう思っていました。それが、三年前のある寒い夜のことです。子供をようやく寝かしつけ、さあ、お菓子をつまみながら、読みかけのミステリーでも読もうとくつろいだ気分でいる時に、突然電話が鳴りました。声の主は、いつも公園で一緒に子供を遊ばせているお母さんの一人で、彼女が、うちの子供の名前を告げて、こう言ったのです。

        「○○ちゃん、頭ジラミいるの、お母さん知ってる?」
        「は?」
        「今日ね、○○ちゃんの頭みてたら、白いのがいっぱいついてたからね・・・。お母さん知ってるならいいけど、知らなかったらと思って・・・。」
        「知らない、知らない、ゼンゼン、知らない」
        「うちの子も前、なったことあるから、すぐわかったんだけど・・・。」
        「えっ、ウソでしょっ」
        「ちょっと見てみて、フケみたいに白いけど、触っても取れないから、卵は」

        の夜更けに、しーんと静まり返った部屋で一人、シ・ラ・ミという言葉と彼女の宣告に体は凍り付き、心臓はドキドキし、ホラー・ムービーさながら、懐中電灯を手に、娘の髪の毛に近づいて行きました。そっと彼女の髪の毛をかき分け、その髪の根本を明かりで照らすと・・・

        「ああ〜、これだ〜」

         この近代的な今の日本で、シラミなんて、作り話か、法螺(ホラー?)話じゃないの、なんて信じられない方は、一度こちらを参照下さい。
        しらみ退治
        しらみについて
        昆虫と皮膚病

        れにしても、一度でも子供のシラミを経験したことのある親たちと話していると盛り上がること盛り上がること。こんなにシラミ仲間がいたんだー、というか、わたしが睨んだ所、ざっと、子供のいる家庭で、十家族のうち、一家族ぐらいは、経験しているようですね。子供だけではなく、大人でも満員電車や温水プールで、シラミに飛び移られる(取り憑かれる?)可能性もあるかもしれない、なんてオドシたりして・・・。シラミのやっかいなところは、清潔不潔に関係なく、誰にでも気楽にやってくるというところで、自他ともに認めるきれい好きで、子供の洗髪も毎日していたと言う人も経験したというから、これはもう不可抗力と言うしか・・・。

        ラミには不潔というイメージがあるのですが、この頃は、あのO-157の反省から、さすがの清潔ニッポンでも、“きれいすぎるのも問題ではないか、”という反省の声が聞かれるようになってきました(<Oh!157−病原性大腸菌が見た人間社会>)。わたしも藤田鉱一郎著「笑うカイチュウ」をざっと読んで、共感し、きれいすぎてはいけない、様々な細菌や昆虫と共生しなくては、シラミなんて頭に蚊が住んでると思えばいいじゃないか、と自分にも言い聞かせていたのですが、先日、娘の保育園の掲示板で、

        「もも組で、シラミが見つかりました。洗髪は毎日、行って下さい」

         というのを見た時は、血の気が引きましたね〜。もう、衛生観念が染み着いているというか、洗脳されているというか。

        育園によっては、シラミが他の子にうつるのを防ぐため、なんと2週間も登園できないところがあるそうです。2週間というのは、薬は成虫には効いても卵には効かないため、全ての卵が虫に孵って完全に死滅するまで、これくらい必要だからだそうです。

        「シラミのせいで子供が保育園を休んで、会社を首になったりしたら、どーすればいいんだーー。」

         幸い、うちの保育園は、シラミをくっつけたままでも登園できるのですが、だから蔓延しているといえるかもしれないし・・・。

         シラミ退治に、現在市販のケミカルな薬以外に、ナチュラルな薬がないものか探しているのですが、まだ見つかっていません。どなたか、メディカル・ハーブや薬草などで、有効な処方をご存じの方、是非是非、教えて下さい。
         今、娘のクラスで流行っているから、この号が出る頃には、娘の頭の上に白くまるまっちい有機物が鎮座しているかもしれません・・・。 くわばら、くわばら。








        今回アクセスしたページ

        もものはながさいた!
        (http://www.a-web.co.jp/~shida/)
        しらみ退治
        (http://www.a-web.co.jp/~shida/sirami.html)
        子供にシラミがついたという母親のホームページ。読者からシラミ体験談を集めていて、今後の充実が期待できそう。
        河合 医院
        (http://www.geocities.com/HotSprings/4347/)
        しらみについて
        (http://www.geocities.com/HotSprings/4347/sirami.html)
        永嶋皮膚科医院
        (http://www2h.biglobe.ne.jp/~hifu/myhome.html)
        昆虫と皮膚病
        (http://www2h.biglobe.ne.jp/~hifu/mushi.html#m-1)
        いきなり、虫の拡大写真が登場します。
        OMP FARM HOME PAGE
        (http://city.hokkai.or.jp//~hotta/index.html)
        Oh!157−病原性大腸菌が見た人間社会
        (http://city.hokkai.or.jp//~hotta/colmbn01.html)
        農作物の生産者が、O-157 騒ぎや藤田鉱一郎著「笑うカイチュウ」をもとに、食生活や生活習慣について真摯に考えているページ。清潔を重んじる日本人の生活に疑問を投げかける内容はページの中ほどから。