WebMag logo

 今月の松並さん

今月の気になる
ア・ノ・コ・ト【き→く】



        【き】緊急!・・・もとい「近況」の報告です。
         3号続けて読んで下さっている皆さん、こんにちは。「今回、たまたま・・・」という方、はじめまして。そして、メールを下さった皆さん、ありがとうございました!
         実は頂いたメール、紹介したサイトに関するものよりも、私の「会社を辞めました」&「"快適探し"しています」というプロフィールにまつわる感想やご意見、励ましのお言葉がほとんどでした。そこで、今月はまず、簡単に近況をご報告します。
         最近起きた一番の変化。それは、「働きたーい!」って気持ちがムクムクと自然に湧いてきたことです。動機は単純、ズバリ遊ぶ金欲しさです。こんなこと言ってると、なんだかいい歳して、何をお気楽でアホなことを、と思われる方もいるかもしれません。でも、私には結構、新鮮でうれしい心境の変化でした。
         なぜなら、会社員生活も最後の頃、妙に仕事が忙しい毎日の中で「何の(誰の)為に働いているのかわからん!」と本気で思い悩んでいたからです。かなり空しい気持ちで過ごしていました。それが退社を考えるきっかけとなり、「快適生活ってナンだ!?」をテーマにした今の生活が、始まったのです。
         そして会社を離れ、改めて気が付いたのは、「快適」とは、(1)やりたいこと(生きがい・やりがい)(2)仕事(3)お金(順不同)、この3つのバランスをどうとるかにかかってるんじゃないかということです。今は、自分が「快適」に思えるバランスがどこなのかを探しています。どんな所に住んで、どんな風に暮らして、どんな風に遊びたいか?どんな仕事をどんなスタイルでしたいのか?・・・「遊ぶお金が欲しい」「働きたい!」という気持ちが沸き上がってくるのと一緒に、少しづつ明確になってきています。
         頂いたメールのなかには、「世の中、そうそう自分の思い通りになるもんじゃないぞ」というメッセージも、ありました。そうだと思います。でも同時に、この何年か「自分の思い通り」が何なのかさえ、そもそも分からなくなっていた自分に気付き、驚きました。だから今の私は、「快適=この先どういう風に生きたいの?」をこんなにも探しているんですね。次号には「こんなこと始めました!」ってお知らせできるといいなー、と思っています。

         それから、これまでご紹介してきたサイトにまつわる近況も、少しご報告を。【愛する者との同居】は、諸条件なかなかうまく揃わず、未だ実現ならず。それどころか、貯金残高もカウントダウンを続行中で、独り暮らしさえもそろそろ限界が近い!?このままだと実家に出戻らねば。【うきうきクラブ通い】は、なかなか好調です(5/4Jeff Mills@MANIACLOVE、良かったぁ)。新しい音楽との出会いは、世界が広がって楽しい!でも、【音の出るインターネット】の方では、その後、いまひとつ新しい収穫なし。【家具いりませんか〜!】の家具は結局、見事に全部売れませんでした。大きな家具の他、中途半端に変わったデザインのものは、リサイクル屋さんに不人気でした。
         というわけで、ご興味のある方は、前号までの【あ→か】も覗いてみて下さい。引き続きサイト紹介をしますので、今後とも、よろしくお願いします!

        【く】クサイお芝居は、避けて通ろう。
         汗くさい。ツバが飛んでくる。ツマラナイと超苦痛。でも、観たくなるんですよね、お芝居。ツボにはまると鳥肌が立つくらい感動が大きいのが魅力です。ただ、映画なんかに比べて、何を観るかは、よーく検討したいもの。ところが、今月は2つも芝居のチケットを衝動買いしてしまった。ひとつは、最近知り合った人が主宰している劇団。これはもう、何かのご縁と言うことで観てみるしかない。そしてもう一つが「ジョビジョバ」という変な名前の関西系小劇団の公演。チケット販売用の紹介記事につられて2枚購入するも、劇団の評判がわからぬうちには、安心して誰かを誘えない。ということで、見つけたのが『Koyuki's ROOM』という、関西の演劇情報誌のライター・小松深雪さんのページ。「Review」のコーナーには、メジャーもマイナーも劇評が、もうぎっしり!過去のジョビジョバの公演を見つけ読んでみると、まぁまぁ面白いみたいで、ちょっと安心。結局、シナリオライター修行中のお友達を誘うことに。ちなみに小劇団は、チケットがお手頃なうえ、もしかすると先物買いできるのも、楽しみのひとつです。
         ところで、何か芝居を観たいと思ったなら、迷わず『えんげきのぺーじ』へ。個人が創っていると思えないほどの充実度。毎日のおすすめお芝居、誰でも書き込める一行レビュー、小劇場での観劇の仕方ガイド、演劇系サイトへのリンク集など、もう至れり尽くせり。このほか、ニューヨークやロンドンの公演情報が知りたいときは、演劇情報誌『そわれ』のサイトへ。雑誌は、偶数月に発売だけど、ホームページは毎月更新しているそうです。
         ついでに、何か映画を観たいと思った時には、『映画の便利リンク』を入り口にするのがオススメです。「最新劇場情報」や「映画会社リスト」のコーナーからお目当ての情報を探してみて下さい。欲しい情報が見つけやすい便利な構成。例えば「映画情報関連リンク」のコーナーではサイトを、映画情報収集用/サークル的なページ/映画作品/俳優・監督/女優などに分類してあります。これまた個人が創っているのですが、充実度、実用度共に高し。