松並るみ

先日、仕事で出掛けた大阪でお会いした「さとなお」さん。<さとなおの極私的おいしいページ>のウェブマスターにして、自腹覆面レストランガイド<ジバラン>の団長、<うまひゃひゃさぬきうどん>を出版したり、大阪の朝日新聞にコラムを連載しちゃったり、ただでさえ本業がお忙しそうなのにパワーのある人はどこまでもパワフルー!1日の長さは同じ24時間のハズなのにっ。グウタラな松並はどこまでもグウタラなまま一生を終えてしまうのか!?うーむっ。

◆◆今月の松並さん〜今月の気になるアノコト【ろ】◆◆

【ろ】6月の花嫁求む!なぜなら冷蔵庫が欲しいのだ。

むむ。なんだかはしたないタイトルで失礼っ!でも欲しいものがあるとつい探してしまうのだ、結婚間近のお友達を。捨てるにはまだ忍びないけど、二人暮らしの新居では使わない。そんな品々が彼女たちの家からは大量に放出されるのだ。思えば、私のお部屋には、もらったモノがいっぱい。・・・洗濯機にテレビ、冷蔵庫、掃除機、電子レンジ、炊飯器に洋服ダンスまで!この中には、徐々にバージョンアップさせてきたモノもある。炊飯器は2代目から保温機能付きに。テレビもやっと最近、画面広々のリモコン式をゲット。洗濯機なんて、4代目にしてついに全自動になったもんねー。まさにわらしべ家電長者とは、私のことっ!? わっはっは。

 なんだか貧乏くさい話ねー、と思われるとそれまでなのだが、どこかで誰かがもうすぐ「不要だー」と思うものを、わざわざ買う気にはなれん!と、思ってしまうこの性分。  で、今回なにゆえに冷蔵庫が欲しいのか?今使っているのは8年前に当時お付き合いしていた彼の親友の家からいただいたもの。まだピンピンしているのだが、残念なことにワンドア。そろそろどーしても、冷凍庫のあるツードア冷蔵庫が欲しいのだ。  だいたいこの8年間というもの、スーパーでアイスを買ってきても、「あとで食べる」などという贅沢はしたことがない。たまーにつくる夕食の材料、3切れ入りの魚の切り身やお肉のパックだって、どんなに飽きても、一両日中には、無理矢理にでも平らげねばならない。例えば週末におかずを大量につくって冷凍しておき、平日に少しづつ解凍して品数の揃った夕食を食べる・・・そんな賢いお友達の真似っこは、やりたくてもできなかったのだ。
 なーんて、まぁ私の古いお友達なら、もしこの私がツードア冷蔵庫を持っていても、そんなマメなことをするような人間じゃぁないってことは、重々承知。でも、今回は違うんだなー。かなりヤル気よ、私は。ろくな食生活をしてこなかったせいで、最近めっきり体の調子が悪いんだものー。

 ということで、今回は本気が実を結んで、実は、購入することに決めました、ツードア冷蔵庫!(ワーイ、パチパチパチ)ところが一方、ここへ来て新たに手に入れたいものが急浮上。それは、体脂肪計だ。
 つい先日、ちょこっと立ち寄ったお友達の会社で、両腕を前にのばして測るタイプの体脂肪計を初体験。30%を越えてたら肥満だからね、と言われてドキドキで臨んだ測定結果は・・・。めでたく肥満の数値には達しなかったモノの、ううっ・・・、ナイショ。年齢別の判定基準値と照らし合わせてみると、少ーし問題にしたくなる数値だったのだ。
 そういえば、この3月に新しい仕事を初めてからというもの、ヘタすると一日中デスクの前に座りっぱなし。土曜・日曜にも、運動とはおよそ縁のない生活を送っている。そのせいか、体重が1.5kg増。ひゃ〜!2年前、会社勤めを辞めた頃からは、なんと6kgも増えているのだ!きゃぁぁぁぁぁ。そして案の定、この体脂肪率。
 でも、体脂肪って何?どうすれば減らせるの?を実は、よく知らない。おそらく食生活と運動量の改善をしなければならないと予想はつくのだが、いまひとつ生活改善策の方針が立てられない。
 ふ〜っ。近況報告を兼ねた前置きが思いのほか長くなってしまったけど、そんなわけで、今月は体脂肪をテーマにサイト巡りをしてみました。

<HEALTH MAKING HomePag>
 まずは、このサイトで<肥満の定義と判定>についてカンタンにお勉強。これによれば、肥満とは「体脂肪が体内に過剰に蓄積した状態」で、これを判定するには体脂肪を測定するのが一番とのこと。ちなみに、よく知られた計算式{身長(cm)−100}×0.9(Broca桂変法)で算出する「標準体重法」は、肥満の判定にはあまり適していない模様。変わりに、今もっとも主流で有名なのがBMI(Body Mass Index)という体格指数で、国際的にも評価され、肥満判定の共通の尺度として広く使われているという。へー、知らなかったぁ。

<TANITA HOME PAGE>
 それでは、早速BMIで自分の肥満度を判定したいという人は<BMIを計算しましょう>へ。体重と身長を入力するだけで、肥満度と適性体重とBMI指数を算出してくれちゃう。すると、うれしいことに私のBMIは20。日本肥満学会は20未満をやせ、26.4以上を肥満としているから、わーい!バリバリの標準じゃないかぁ!
 しかし、安心するなかれ、このサイトには太る性格かどうかをチェックしてくれる<肥満性格チェック>や、今太っていなくてもこれから太るかもしれない度がわかる<肥満予報>など、油断しがちな私のような怠け者のオシリを叩いてくれるコーナーが。それもそのはず、ここは、あの家庭用体脂肪計を大ヒットさせた株式会社タニタのサイトなのだ。こんなチェックテストをやれば、毎日体脂肪率を計りたくなること間違いなし!商売上手なんだから〜。で、体脂肪計のしくみや使い方にぐーんと興味が沸いてきた人は、<脂肪計FAQ>のコーナーへどうぞ。

<お気楽ゴクラク ダイエット>
 そーいや、そもそも体脂肪ってナニ?・・・それを調べようとやってきたのがココ。「体脂肪あれこれ」には、体脂肪の役割・種類や、脂肪細胞の増殖・蓄積・分解のプロセスなどについて、解説がある。かなりいい加減な気持ちで理科の授業に臨んできた私が完全に理解するには、ちょっとホネな内容だけれど、要するに、我慢できず深夜に飲み食いしてしまいそうな時に、自分の体に脂肪細胞がずんずん蓄積していく様子を頭の中に描いて恐怖するだけでも、役に立ちそう!反対に分解のプロセスをイメージできれば、運動も楽しくなりそうな。
 ちなみに、このサイトには自分の現在の体重と目標体重を書き込んじゃう「ウェイト自己管理掲示板」や、ダイエットの状況を報告し合うメーリングリストなど、「ダイエットは、仲間を作った方が絶対に成功率あがる!」をコンセプトとしたコーナーが盛りだくさん。なるほどねー。

<隠れ肥満が恐い>
 ところで、<隠れ肥満が恐い第8回/内臓脂肪>によると、肥満には、臓器の周囲に大量の内臓脂肪が蓄積している内臓脂肪型肥満と、主に皮下脂肪が多い皮下脂肪型肥満の2種類があるという。そして、生活習慣病などの病気につながりやすいのは内臓脂肪型なのだが、内臓脂肪は皮下脂肪より目立ちにくいそうだ。一見、肥満なんて関係なしと思っているとそれが危ない・・・というのがこの連載記事のテーマ。このサイトでは、ストレスや高血圧、がんなど、テーマごとに病と肥満に関する全69回のコラムを読むことが出来て、オススメの充実度。

さてさて、じゃぁ、体脂肪を減らため、日常生活の改善は具体的にどうすればいいのか?これについては、もうとにかく役立ちそうな方法・ヒントをあちらこちから収集してきて模索中。しかし、なんと言っても「朝は早く起きて、夜は早めに就寝。きちんと睡眠をとる」とか、「食事は自炊する」とか、基本中の基本を実行するのが一番難しそう。とにかく、生活改善をちょっとづつでも推進。あとは新しい冷蔵庫の到着で自炊ムードが一気に盛り上がるのを期待して待つとするかっ。・・・って要するに、大切なのは意志の力だからなー。既にムードやモノに頼ってるようじゃ生活改善の道のりは、やっぱり険しい?


今回アクセスしたページ


さとなおの極私的おいしいページ
(http://www.ckp.or.jp/satonao/)
ジバラン
(http://www.jibaran.com/)
うまひゃひゃさぬきうどん
(http://www.ckp.or.jp/satonao/publish.html)
HEALTH MAKING HomePage
(http://health.iosum.ne.jp/index.html)
TANITA HOME PAGE
(http://www.tanita.co.jp/)
お気楽ゴクラク ダイエット
(http://www.info2000.co.jp/~info/diet/)
日刊スポーツ
(http://www.nikkansports.com/index.html)


ここから思いついた言葉でホームページを検索!

InfoNavigator
*半角カナは使用できません
検索のコツ