WebMag logo

 今月の大榎さん

もう一つのニュース


        ●偏向報道?

        末年始ともなると、テレビや新聞のニュースもなんだかお休みモードとなってしまうが、しっかりこういう時期をねらったように、物事は起こってしまうものだ。たとえば近ごろ気になるのが、年末の死刑執行。去年の年末には無かったものの、このところ、うかれ気分のこの時期をねらったように執行されている。しかし、2年間ほど執行が無かったはずのおとなり韓国では、この年末に、一度に23名もの死刑が執行されたという。光州事件の首謀者として、いったんは死刑宣告を受けた全斗換元大統領が、一方では釈放の身となったというのにだ。
         また、やはりこの年末、メキシコのチアパス州では、難民生活を送っていた先住民が襲撃され、45名もの死者を出したという話も伝わっている。それも、襲撃したのは有力者や地主たちが雇った、いわば民間テロ部隊で、連邦政府も州政府もまったく放置しているというのだ。これなど、先住民の復讐攻撃を誘発し、後者の攻撃のみを大々的に宣伝するといった意図が見え隠れしているではないか。

        ●オルタナティブメーリングリスト

        の年末年始もご多分に漏れず、うんざりするほどテレビをながめていたが、もちろん、この手のニュースは、ほとんど登場しなかった。一夜にして数十名の生命が奪われたというのに、どうして日本のマスメディアは話題にしないのか?
         わたしがこれらのニュースを知ったのは、<オルタナティブ運動情報メーリングリスト=aml>というメーリングリストによってなのだ。amlは、様々な領域の民衆運動に関する情報交換、情報提供を目的としたもので、毎日多くのメールが寄せられている。
         メーリングリストは、本来、インターネット上の電子メールを利用した同報システムなのだが、このamlの場合は、メーリングリストのメンバーでなくても、Web上から誰もがその記録を読むことができる仕掛けになっている。次々に入ってくるメールをそのままWeb上に公開しているので、同じ話題が何度も重複して現れることもあるが、いったんアクセスしてみれば、世の中こんなこともあったのかと、あらためて思い知らされることだろう。

        ●ラテンアメリカ情報

        ころで、先のメキシコのニュースは、このメーリングリストのメンバーである、山崎カヲルさんの情報によるところが多い。彼のサイト<K. Yamasaki's Home Page>には、ラテンアメリカ全般へのリンク集があり、ペルー・日本大使館襲撃事件のおりには、政府・報道機関や、当事者となってしまった企業からのアクセスで、一時、Macを利用した弱小Webサーバーが、パンクしそうになったというはなしも伝わっている。
         その<トゥパク・アマルー革命運動>のページは、現在も継続して更新されており、人質解放後のチリ国内情報が公開されている。一時的に高まったフジモリ人気も、今ではまったく低迷していることなどがうかがえる。日本語になったラテンアメリカ情報サイトの一つとして、重要な存在だ。

        ●ANOTHER WORLD観光

        た、このamlメンバーが中心となって執筆した本、『市民運動のためのインターネット―民衆的ネットワークの理論と活用法』(社会評論社)がある。オルタナティブ情報を中心とした、インターネット上の活動成果を集約したものだ。その補遺情報ページが、栗原幸夫さんにより<『市民運動のためのインターネット』補遺 -ホイホイ->として作られている。長年、文学運動に携わってきた栗原さんは、数年前から、文学機関誌をみずからのDTPシステムで作り上げ、今ではその「電脳メディア」版を構想したりと、ただ者ではない、「サイバージジィ」とでも呼びたくなるような御仁である。
         そんな栗原さんのページ<栗原幸夫のホームページ>の真っ先に、アントニオ・ネグリの釈放を要求するページ<トニー・ネグリの即時釈放を>へのリンクあった。トニー・ネグリは、イタリアの政治哲学者で、70年代に活動した武装グループ「赤い旅団」の陰の指導者というぬれぎぬを着せられ(この件は裁判で無罪となったのだが...)、とうとう亡命生活を余儀なくされていた。イタリアには、彼のような政治的亡命生活者が約150名、いまなお囚われているものは約180名もいるという。ネグリは昨年7月に帰国し、すぐさま監獄に直行したというわけだが、彼の行動には、この政治犯問題を解決したいという思いがあったようだ。
         ここには、観光イタリアとはまったく別の顔が見えている。
         トニー・ネグリも65歳。爺さんたちが頑張っているのに、おれたちも、こんなデスクトップでANOTHER WORLDめぐりだけじゃあ、いけないかもね〜。