田中一徳

夏のキャンプシーズンを前に雨具の購入に悩んでいる。そんな折りに、吉祥寺で、現品限りの沢登り用の靴(厳密には魚釣り用)を見つけた。紐付きで結構スグレモノ。以前はアユ足袋(アユ釣り用に)を使っていた私、限定品のハマリ具合に思わず購入。たまの散歩に案外良いモノを発見してしまう。それで衝動的に購入。あとは、サッカーで傷めた捻挫が治れば問題無い。そういえば、悩みの種の雨具はどうするんだ?

◆◆今月の田中さん〜身近な環境問題対策〜ミミズからフリーマーケットまで〜◆◆

となく過してしまう休日やちょっとした心の隙間。そんな一時を埋めてくれるのが「ひまつぶし」の作業。実際にやりたいこと、やることが本当に無いのではなく、ただちょっとした逃避行動やロールプレイングなのかもしれません。勿論、ひまつぶしにサイトを散策することやメールを書いてみることなんかは、今的なひまつぶしになるのではないでしょうか? 私は結構コンビニで過してしまうのですが…。

校のカリキュラムにキャンプ実習がある。キャンプというのは、自然環境の中で活動したり、宿泊したりと活動の目的や内容によって様々な形態をとっている。もちろん、巨人軍の宮崎キャンプや町会のBBQキャンプ?もキャンプですが。当方は学校の授業なので、どちらかというと自然環境下での生活を通した、体験学習的な教育キャンプとなっている。
 学校の授業となると注意義務としての実地踏査が不可欠となる。実地踏査というと堅苦しいが、通常言うところの「下見」である。その実地踏査で発見したのが、山の醍醐味?「山菜」たちである。日頃、「駅そば」で山菜そばを食す私は、天然モノの山菜を前にして乱獲しないように気をつけながら、丁寧に摘み取って食した。やっぱり美味い!それをキッカケに八王子の某工業高等専門学校のテニスコートの周りを探索したところ。ありました。「アケビ」「ミョウガ」それに「ヤマノイモ(自然芋)」。都会のチョットしたオアシスに、山菜はある。自然環境が僅かに残っている証明だ。
 日本の現況では、自然環境をはじめ、環境関連の諸問題が社会の話題となっている。産業廃棄物、生活雑排水、ダイオキシン、フロンガス、窒素酸化物、生ゴミ処理、ペットボトルと枚挙にいとまがない。欧米諸国に比べて大幅に遅れをとっている。キャンプ場も同様に、生ゴミ処理やビン・缶、雑排水、吸い殻等が大きな問題になっている。そこで今回は、身近な環境問題の対策を紹介したい。

ミズを使った生ゴミリサイクルシステムで、最高品質の有機肥料や液体肥料のおまけつきなのが、優企画の<THE CAN-O-WORMS>。家庭の生ゴミや生活ゴミが処理できる。海外でも自然環境に安全な方策として普及しているとの事。キャノワームという100%再生プラスティックトレーを使って、ミミズにゴミを処理させる。開始、3ヶ月を過ぎると赤ちゃんミミズがたくさん産れ、処理能力がアップする。処理されたゴミは糞粒(コンポスト)となり、有機肥料として使える。

ミ別の分別方法を紹介してるのが<コリドラス・ネットワーク>。基本的なゴミ情報を提供すると共に、地球環境の未来を身近なところから考えることを目的としている。紙、缶、ビン、PETボトルの分別やリサイクル用語ミニ辞典を掲載している。話題のアサヒ・スーパードライのリターナブルびんや反対語のワンウェイ容器の解説もある。身近なゴミ問題の参考になる。

境ビジネスに取り組む企業と環境に配慮した商品を紹介しているのが、<環境ビジネスとエコグッズのページ>。官公庁の環境関連ページのほか、汚水処理・水浄化装置、大気汚染防止装置、廃棄物処理・生ゴミ処理装置のページ、生分解性プラスチック、環境分析装置、環境アセスメント等と多くの関連項目で構成されている。中でも、「グリーンコンシューマーになろう」のページでは、初級編から上級編まで段階的に解説してある。グリーンコンシューマーとは、緑の消費者を意味し、商品を購入するときに環境にやさしいかどうかを購買の基準にする消費者をいう。地球と和めるライフスタイルを送るには是非参考にしたい。

規模なゴミ焼却炉から冬の風物詩どんどん焼や落ち葉の焼き芋まで、発生源が何かと話題になっているダイオキシン。母乳や環境ホルモンと関連して話題は尽きない。ダイオキシンを抑制する焼却炉も販売されているが、本当のところはどうなのか?そんな疑問を解消してくれるのが武田尚志氏の<Environment>サイト。官公庁の調査報告から海外の関連情報サイトまでカバーしている。ダイオキシン関連の情報量はメガトン級である。

掃事業の歴史から清掃工場データ、清掃関連イベント情報等を提供している<東京スリム>。東京都のゴミ回収のルールやリサイクル情報を満載している。リサイクル情報は、ガラスびんのこぼれ話や古紙をリサイクルに出すポイント等が紹介されている。安井至氏の<市民のための環境学ガイド>も「環境を考える基本構想から解説し、例題としてリサイクル問題、ゴミ焼却問題」等を考えるサイト。古紙、ダイオキシン、PETボトル、廃家電リサイクル、環境ホルモン、水道水、カップめん容器等と日常生活を営む上での豆知識が詰まっている。市民レベルの話題に、市民レベルの解説が加えられている。

古品や新古品の売買には、アンティークショップや質屋もいいが、ここは青空でのフリーマーケットに出かけたい。東京リサイクル運動推進協会の開催情報<フリーマーケットへ行こう><リサイクル運動市民の会>は、東京圏のフリマ情報サイト。出店希望者や暇つぶしの週末トラベラー、もちろんグリーンコンシューマーも誰でも参加できる。毎週末土日は必ずどこかで何かやっている。開催地によって規模、商品、価格が若干違うが、お気に入りスポットを見つけてはいかが?

今回アクセスしたページ


THE CAN-O-WORMS
(http://www.maple.or.jp/~shop/yukikaku/top.htm)
コリドラス・ネットワーク
(http://super.win.or.jp/~gomi-net/)
環境ビジネスとエコグッズのページ
(http://www.dango.ne.jp/kankyo/top.htm)
Aries Home Page
(http://www.asahi-net.or.jp/~XJ6T-TKD/)
東京スリム
(http://www.tokyo-teleport.co.jp/tokyo-slim/index.html)
市民のための環境学ガイド
(http://plaza13.mbn.or.jp/~yasui_it/)
フリーマーケットへ行こう
(http://www2j.biglobe.ne.jp/~tatuta/)
リサイクル運動市民の会
(http://www.recycler.org/)


InfoNavigatorここから思いついた言葉でホームページを検索!
*半角カナは使用できません
オプション検索 ヘルプ