WebMag logo

 今月の山田さん

まだ間に合うクリスマスプレゼント


        リスマスのシーズンになりましたね。まだ彼女or彼氏なしでちょっぴりユーウツなあなた、家族や仲間で楽しいパーティを予定している皆さん、準備は万端ですか?インターネットパワーを一番生かせる海外サイトでのショッピングや個人輸入は、12月に入ると郵便事情が混雑するため、注文は遅くとも11月中旬まででほぼ終了しました。でもこれから注文したいというのんびり屋さんのあなたのために! プレゼントやグリーティングカードサービスなどの実用的なサイトを探してみました。え?、あんた貝のサイトをやっているんじゃあないのって?いやいや、年末は実用的なサイトに走るんです、女性ですもの★ さあ、いきますよー!

        ずは締め切りの早いものから。<エコーセンター>では、ロンドンからクリスマス記念切手を張って投函されたクリスマスカードを送ってくれます。料金は1200円。もちろメッセージ付です。締め切りは郵送で1997年12月2日(火)消印有効ですので、急いでっ!

        素敵なあなたの彼女や奥さんに、ウエルネス<WELLNESS GIFTCOLLECTION>の抱えきれないほどの花束はいかが?彼女にはあなた自らの笑顔を添えてのお届けがいいかも。奥さんには素敵なメッセージを添えて。でも私の主人はくれないだろうな…。

        リスマスが迫ったら、インターネットでデジタルクリスマスを楽しむアイデアはいかがでしょう?<Celeste's Holiday GraphicCollection>では、ホームページ素材に使えるクリスマス関係のアイコンやボタンなどのグラフィックをフリーで提供してくれます。但し非営利のサイトに限ります(当たり前だよね)。

        Say MerryChristmas>は、世界のメリークリスマスとあけましておめでとうをどのようにして言うか?を教えてくれるサイト。まず、よくここまで調べたものだな!と感嘆させられます。海外の友人にこのメッセージを添えたら、きっと喜ばれますよ。

        ペンシルバニア(U.S.A)の<ChristmasShoppe>には、マニアックなクリスマスグッズがあります。でもいまからでは間に合わないので、フランス人形アイコンをクリックしてみましょう。素敵なアンティークドールを見ることができます。日本人として特に面白かったのは、The Artページにあるマダムバタフライ人形。まさにエキゾチックジャパン! 山形眉の大きな目のドールがフジヤマゲイシャを象徴しています。

        SANTA-CONNECTION>は国内で最大のクリスマスサイト。温かい雰囲気でクリスマスを盛り上げてくれます。

        壇場になってのプレゼントなら、デジタルクリスマスカードはいかがでしょう?グリーティングカードを贈る方法には大きくわけて2つあります。1つは、電子メールで直接相手にHTMLや画像ファイルを添付する方法、そして相手にWebのURLを通知して、好きな時に見てもらう方法です。電子メールにメッセージをダイレクトに贈る場合は、相手の受信に関する負担を考慮にいれなければならないでしょう。また、Web形式の場合は、相手が必ず見てくれるかどうかの保証はありませんが、相手の都合がいい時間にアクセスすることができるので、受信の負担は少ないといえます。

        Blue Mountain Arts' Electronic GreetingCards>では、クリスマスカードや誕生日・出産祝いカード、その他のカードを送ることができます。なかなかカラフルでかわいい絵が揃っています。

        動くグリーティングカードを提供してくれるのがこちら<ネットメッセンジャー>。インターネットで動くグリーティングカード(ショックウェーブ)を、一通100円で同じカードを5人まで送ることができます。それぞれにストーリーがあって、Cool!但し、相手がショックウェーブを使用できる環境である必要があります。私は国内の友人にはこれを贈ろうと思います。

        クリスマスカードは、昨年初めて海外の複数の友人から頂いて、やはり海外では新年よりクリスマスがメインなんだなと痛感しました。よーし、今年はカッコイイGreetingCard贈るぞ!