吉川恵

 シリコンバレーにある会社の多くは、会社のロゴの入ったTシャツやポロシャツを作って社員や顧客に配ります。まだ、今の会社に勤めて半年にしかならない私ですが、すでに10枚以上をゲット。もちろん全部違うデザインです。気がつくと腕時計も帽子もカバンも手帳も会社の販売促進用グッズの余り物。だんだん会社の広告塔のようになってきました。

◆◆今月の吉川さん〜ネットで巡るカリフォルニア・ワイナリー◆◆

うこのまままた冬になってしまうのでは? と思うほど降り続いた雨がやっと止んだのは6月も2週目の週末のこと。ヤッホーとばかり人々は外へ飛び出し、ランニングやサイクリングを始めたり、プールや海へと繰り出しました。いつもは駐車スペース探しにてこずるショッピングセンターですが、この日は楽々駐車。私はゆったり買物を楽むことができました。月曜日、会社には真っ赤に日焼けした人たちが多数。カリフォルニアの夏の陽射しはとても強くて、日曜日の午前中にほんの30分ほどプールで泳いだだけなのにもう水着の日焼けあとがついてしまいました。

て、先月大々的に『次回はワインについてです!』と宣言したのですがなんせ寒くてじめじめ雨続きだったものですから、ワイナリー巡りをする気分にはとうていなれなかったんです。だから今回は第一弾ということで、現地レポートはまた今度…・・。期待させておいてごめんなさい。

近のワインブームのおかげで日本でも手に入るワインの種類、ブランド、メーカーの幅が広がったようですが、まだまだカルフォルニアワインの知名度は低いかもしれません。私も実はカルフォルニアがこんなに凄いワインの産地だなんて知らなかったんです。最初に驚いたの普通のスーパーマーケットで手に入るワインの種類の豊富さです。ワイン売り場に軽く100種類はあろうワインのボトルがズラリと並ぶのを見て、めまいが……。値段も手頃で4ドルや5ドルのものを選んでもそれなりに楽しめるし、15ドルも出したらとてもおいしいものを買うことができます。もちろん上に行けばきりがなくて、何百ドルもするようなものもあります。
 カルフォルニアワインについてはまず、<春名のホームページ>カルフォルニアワインのコーナーをご覧下さい。ここの「カルフォルニアワイン通養成講座(理論編)」にはラベルの読み方やヴィンテージチャートなど役立つ情報がいっぱい。日本からも注文できるワインショップの情報もあります。さて、カリフォルニアの代表的なワインの産地といえば『ナパ』、『ソノマ』地区ですが、私の住むサンノゼからは北へクルマで約2時間半のドライブ。見渡す限りのぶどう畑の中に点在するワイナリーはなんか別世界に来たような気分です。

かし、カルフォルニアワインは『ナパ』や『ソノマ』だけのものではない!<SteveO's Califonia Wine Touring Guides>はカルフォルニアワインの産地のすべての旅情報をすてきな写真を交えて紹介しています。ワイナリーの数の多さにはびっくりです。
 サンノゼ地区にもいくつものワイナリーがあります。<Mirassou>というワイナリーは150年近くの歴史を持つワイナリー。ウェブサイトもなかなか充実しています。ワインにあうレシピの紹介や、ワインは健康にいい!という新聞や雑誌の記事を集めたコーナーなどもあり、なかなか勉強になるサイトです。

本の<メルシャン>には、カルフォルニアワインについてレポートしているページ「ワインの国から」があり、ワイナリーでの出来事などを毎月掲載しています。ワイン作りの苦労話などもあって、日頃ただゴクゴクと飲み干しているだけの私は「もう少しありがたく頂かなければ」と反省したのでした。このメルシャンのサイトでとっても面白いのが「ワインを楽しむアドベンチャーゲーム ワインシティーでつかまえて」です。クイズ形式の恋愛シュミレーションゲームで、楽しみながらワインに関する知識もつくという優れものです。ストーリーのパターンは8通りあるそうで、私もそのうち3つまでトライしました。おススメです。

て、話をカリフォルニアに戻しますと、『ナパ』や『ソノマ』でのワイナリー巡り以外のお楽しみは、まず、気球ツアー。<Aerostat Adventures>というツアー会社のホームページに載っている写真を見るとわくわくします。気球に乗ってゆらゆらとぶどう畑を上から見物。気球に乗っての結婚式もできるんですって。色とりどりの気球が空に浮かんでいる様子は地上から眺めても素敵です。  次はワイントレイン。ワイナリー群の間を走る列車の中でおいしい料理とワインを楽しむツアーです。このワイントレインはとても人気があって、特に土日のランチのコースは何ヵ月も前から予約でいっぱいです。私もこの夏はぜひと思っています。ワイントレインについては<Napa Valley Wine Train>に詳しい情報が載っています。ワイントレインの中で売っているワインの通信販売もしています。
 『ナパ』地区のお隣の『カリストーガ』という地区ではスパ(温泉)が大人気で、泥のマッサージやフェイシャルなどのお手入れとおいしいB&B(Bed and Breakfast− 日本で言えばペンション)の夕食・朝食とワインでのんびりくつろげる週末というパッケージがあります。<Napa Living>のリンク集に紹介されているページを見ると、泥に埋められて気持ちよさそうにしているカップルの写真などがあり、うらやましい限りです。  7月23日から8月16日まで『ナパ』『ソノマ』地区でWine Country Film Festivalという映画祭があります。昼はワイナリー巡り、そして映画を観た後は食事(と再びワイン)を楽しんで翌日はゆっくマッサージをする週末。なんていいなぁ。

 『ナパ』『ソノマ』の話ばかりになってしまいましたが、冒頭でも力説した通り、他の地区のワイナリーもぜひチェックしていただきたい。<Wine Country>は北は『ナパ』『ソノマ』から南はロサンジェルス近くのサンタバーバラに至るまでの広い範囲にあるワイナリー情報を、デイリーニュースを含めて発信しています。『Wine Countryを見たよ』と言うといいことがある(何かタダで貰えたりとか)レストランやワイナリー、ショップの数がたくさんあって、ワイナリー巡りの前には必ずチェックしなくちゃ!と思わせるサイトです。ああ、ヴァーチャル ワイナリー巡りも楽しいけれど、やっぱりネットサーフィンでは酔えません。近々必ずやワイナリーを訪ねて皆さんの分まで飲んできます。突撃レポートに乞うご期待!

今回アクセスしたページ


春名のホームページ
(http://www.greenheart.com/tharuna/index.html)
SteveO's Califonia Wine Touring Guides
(http://home1.gte.net/otruba/wine_gde.html)
Mirassou
(http://www.mirassou.com/)
メルシャン
(http://www.mercian.co.jp/)
Aerostat Adventures
(http://aerostat-adventures.com/)
Napa Valley Wine Train
(http://www.winetrain.com/)
Napa Living
(http://www.napaliving.com/)
Wine Country Film Festival
(http://www.winezone.com/WCFF.html)
Wine Country
(http://www.winecountry.com/)


InfoNavigatorここから思いついた言葉でホームページを検索!
*半角カナは使用できません
オプション検索 ヘルプ