吉川恵

 私の住んでいるシリコンバレーだけじゃないとおもうのだけど、引っ越しセールのときにすごく人気があるのがコタツ。『うります・かいます情報』に、よく『コタツをさがしています!』というのをみかけます。さて、最近、クライメート・コントロール・テーブル新発売!という公告をみて、さっそく<CCT (Climate Control Table)インターナショナルのページ>をのぞいてみました。ソファーに座ってこたつにあたっている姿とか、なんかヘン、だけど、人気がでたら面白いな。日本の素晴らしい発明(?)の証しとして、やっぱりKOTATSUと呼んでほしい。。。。

◆◆今月の吉川さん〜同窓会ネット/めざせ風船職人◆◆

《同窓会ネット》

 最近、学生時代の友達何人かと電子メールで文通をしています。  2人の子供と楽しく、しかし忙しく暮らしている人、Uターン就職して生まれ故郷で活躍している人などいろいろ。4年間を共にした懐かしい友達の近況やグチなどを毎日のように読むことができて、シミジミとした気分に浸っています。小学校時代の友達、中学校時代の友達、皆何をしているんだろうと思っていたら、すごいサイトを見つけました。

<ウェブ同窓会「この指とまれ!」>
 小学校から大学まで全国5万校を網羅しているというサイト。残念ながら登録に何日かかかるので、まだその中身をのぞいていないのですが、すでに会員になっている友人は、懐かしい友達をたくさん見つけてネット上の再会を祝っているんだそうです。お試しあれ。世界規模でのサイトも見つかりましたが(<World Alumni Net><Alumni-Network>)、「この指とまれ!」ほどのすごいスケールで日本国内の学校をカバーしてはいないようです。

《めざせ風船職人》

 去年、私が勤める会社が、子供達のためのクリスマスパーティーというものを催し、大盛況。本物みたいなサンタさんも登場して、プレゼントもくれるのがやっぱり一番人気だったのだけど、それに次いで人気だったのが、ピエロさん達。ポケットから風船を取り出して、プ、とふくらまし、みるみるうちに犬だとか刀だとかを作ってくれる、Balloon Modelling(風船アート)を披露してくれました。「私にもできそうな気がする」と言った私にニッコリピエロさんから差し出された風船。これがピクともふくらまない。顔が赤くなるほどがんばったけど、完敗。
 で、今回、ご近所の5歳になる子の誕生日パーティー開催にあたり、この風船アートにまた挑戦しようではないかという話になって、風船とポンプ(やっぱりふくらませるのは難しい)を購入して、1週間前からお母さんと一緒に特訓を開始しました。難しいのはふくらませるところだけではなかった。形を作ろうとすると、パンッと割れてしまったり、ねじったところが元に戻ってしまったりで、なかなかうまくいかない。助けてインターネット!とばかりに検索したら、出てくる、出てくる、風船アートのページ。奥が深くて、びっくりしました。

 まずは日本語のサイトから紹介しましょう。

<鈴木ラテックス ペンシルバルーンの作り方>
鈴木ラテックスという会社は、風船やその他ゴム製品を扱う会社。
丁寧な説明に大喜び!Adobe Acrobatフォーマットで鮮明なコピーの入手が可能。
基本の習得方法からちょっと凝ったものまで作り方までがカバーされています。
おススメは絶対、「花の作り方2」。私にもできて、できばえ抜群。

<見世物広場>
この御方はすごい!!!とにかくチェックしてみてください。
サーカス、お手玉、シャボン玉。あらゆるパフォーマンスについて詳しく、そしてわかりやすく説明されています。
 <バルーンモデリング入門講座>では、各ステップを写真を使って説明してある、とってもお役立ちの講座です。
 左利きの人、右利きの人別の説明が、左利きである私にはとてもありがたい。

<日本バルーン協会>
こんな協会があったのね。

 舞台をアメリカに移すと、またまたすごいページがたくさん。

<Balloon HQ>
作り方講座は<Photos and Drawings of Balloons>がでるほどのっています。

<Balloon Gallery>
 私はこのページの説明がとても気に入っていて、ほとんど全部試してみました。ちょっと大作が、Tiggerで、これはサスガに挑戦する気にならなかったけど、すっごくかわいい!いつか挑戦してみたいものです。

<Fooled Ya!>
 これは前出の「見世物広場」のアメリカ版、といったところでしょうか。
 この中で、風船アート作品の作り方や写真が載っている<Photos of Balloons>はもうプロの世界。
 <A guide to Balloons and Ballooning>はFAQ(Frequently Asked Questions)なのですが、実はこのFAQを印刷して大失敗しました。600ページ以上になってしまったのです。
 すごくまじめでプロフェッショナルなFAQで、「風船の定義」から始まって、どうしてヘリウムを入れてふくらませた風船は浮くのか、という学術的な話、風船アートのプロとして契約する際に使える契約書のフォーマットなど、何から何まで。
 <Sculptures in Messages、by Category>はこのFAQの一部で、ものすごくたくさんの風船アートの作り方が出ているのですが、説明に画像を使っていないので最初は非常に理解に苦労するかと思います。しかしながら、プロの知恵の結晶、すばらしいものです。

さて、で、肝心のお誕生日パーティー、あんなに一生懸命練習して、たくさんの動物達も作り置きして臨んだというのに、唯一人気があったのは剣のみ。女の子も男の子も剣でチャンバラを繰り広げ、何ともにぎやかなパーティーになったのでした。来年までに、子供達があっというようなすごいものを作ることができるように練習しなくっちゃ。

今回アクセスしたページ


CCT International Home Page
(http://www.cctic.com)
ウェブ同窓会「この指とまれ!」
(http://yubitoma.sphere.ne.jp/)
World Alumni Net
(http://www.alumni.net/)
Alumni-Network
(http://www.alumni-network.com/)
SUZUKI LATEX 風船のページ
(http://www.suzukilatex.co.jp/index.html)
見世物広場
(http://plaza4.mbn.or.jp/~chansuke/)
日本バルーン協会
(http://www.tky.3web.ne.jp/~jba/)
Balloon HQ
(http://www.fooledya.com/balloon/)
Professor Wonder's Wonder Factory
(http://www.willinet.net/~gardner/index.html)
Fooled Ya!
(http://www.fooledya.com)


ここから思いついた言葉でホームページを検索!

InfoNavigator
*半角カナは使用できません
検索のコツ