[交信録]
金子さんあてに届いたお便りの紹介
【34号】

ホームページ初めて拝見いたしました。こんなに丁寧にご紹介いただきありがとうございます。1年以上工事中になっておりますが、今年中に完成させたいと思いますので気長にお待ち下さい。

山形市 謄写印刷資料館 後藤卓也

後藤さん、メールありがとうございました。
インターネット上での謄写版の話題は、新聞記事などでエピソード的に取り上げられることは多いのですが、謄写版を主題としたまとまったホームページというのはまだ少なく、謄写印刷資料館のページからは様々なことを学ぶことができました。
奮戦記に登場されるお父様はお元気でいらっしゃいますか。実際の資料館も機会があればぜひ拝見したいと思っています。
これからも時折のぞかせていただきますので、ページの完成に向けて頑張って下さい!

金子伸二

【21号】

 実は、私もそれで悩んでいるのです、もしこつのようなものがわっかたら、私にも教えてください。ちなみに、デロンギのカフェシエナについていた泡だて器は、特別な技量も必要無く、大変細かいよいあわができました。ただし、ミルクタンクに牛乳を入れるタイプなので、掃除が毎回面倒なのと、スチームの切り替えレバーが、2度も故障してしまいました。加圧も低いのが欠点です。

ひさなお

ひさなお さん

「WebMag」WebTravelersの金子伸二です。メールをありがとうございました。
 その後もなかなか泡立てがうまくいかず、もっぱらエスプレッソまでで飲んでしまうことが多いです。ミルクタンク内蔵型の方が良かったかなと思っていましたが、なるほど、お手入れが大変そうですね。手動でミルクを泡立てる器具もあるようですが、そうまでして、という気もするし……。
 ネット上でもエスプレッソに関する話題がたくさん出てきているようです。コツがわかったら「WebMag」上でご報告しますので、これからも、どうぞよろしくです。

金子

 ひとつ発見しました、マグカップに牛乳を少し入れるとき、コーヒー用のミルク(小さいプラスチックのカップに入っているやつ)をひとつ入れると、わりとうまく泡ができました。 あと、あまりしつこく泡立てないほうがいいような気がします。 お試しあれ。

ひさなお



【20号】

たまたま初めて読ませていただきましたがおもしろかったです。
私もキャラクターってかわいいイメージだったので、ラスト二つにはたまげました。
でも、水道局のもなにげに怖いですよね。

ヨシエックス

ヨシエックス さん

「WebMag」WebTravelersの金子伸二です。メールをありがとうございました。
今回ボクが最も気に入ったのが、まさに水道局のキャラ。
見慣れてくれば、なかなかカワイイやつです。
いや〜、キャラクターの世界は奥深い!
ヨシエックスさんも、面白いキャラクターを発見したら教えてくださいね。
これからも、どうぞよろしくです。

金子


【12号】

 はじめまして。shimotsuと申します。
 12号、とても楽しく拝見致しました。
 ちょうど日本三大奇祭について調べていたところ、金子さんのページを発見して、同じようなことを調べられていた人がいたのでびっくりしました。
勝手ながら、以下のページからリンクさせていただきました。
<http://ww1.tiki.ne.jp/~shimotsu/3kisai.html>
問題があるようでしたら、ご連絡ください。

shimotsu

shimotsu さん

 「WebMag」WebTravelersの金子伸二です。メールをありがとうございました。
 これは「WebMag」12号に書いた「お国自慢 西・東」のことですね。
 この時は「日本三大奇祭」とは何を指すのかを調べたのですが、結果は土地によって様々な説があり、結局はっきりわからないというものでした。
 shimotsuさんのページを拝見したら、なんとこの時に三大奇祭の一つとして名前が挙がった岡山市西大寺の近くにお住まいということで、びっくりしました。インターネット検索のヒット数で三大奇祭の認知度ランキングをつくってしまうというアイデアは秀逸ですね。西大寺はだか祭りが三大奇祭と呼ばれるようになった由来など、その後何かわかったことがあったら、また教えてください。
 もちろんリンクは大歓迎ですので、これからもよろしくお願いします。

金子

金子伸二様

 しもつの西大寺ホームページのshimotsuです。
 わざわざ返信をいただきありがとうございました。

 西大寺のはだか祭りが三大奇祭と呼ばれるようになった由来は知りません。
 なにかわかりましたら、必ずご連絡します。

 それと、もう一つ「日本三大奇祭」を発見しました。
 茨城県西茨城郡岩間町泉の悪態祭りです。ご参考まで。

悪態祭りが掲載されているページ
<http://www.aist.go.jp/NIBH/~takahashi/tradevents/fts.cgi/IwamaAtago>
<http://www.net-ibaraki.ne.jp/iwamabe/page2_2.htm>





【6号】

こんにちは、中部産業遺産研究会の石田正治です。私のホームページをご紹介いただきましてどうもありがとうございました。目下、全国の産業遺産データベースの構築に努力しています。これからもご支援下さい。

石田正治

【5号】

分類の考察としては、中尾佐助さんの「分類について」(朝日選書)が中尾さんらしい本で、とても面白いですよ。

M.Yさん

中尾佐助さんは名著『栽培植物と農耕の起源』(岩波新書)をはじめ、「照葉樹林文化」という概念の提唱者としても有名な方ですね。一口に「分類」といっても、哲学、人類学、言語学、生物学など、それぞれの分野によって捉え方が様々であるのが興味深いです。「総合分類学」のような、領域横断的な新しい知のあり方も、考えられるかもしれませんね。教えていただいた本をさっそく読んでみます。

金子さん

【3号】

金子さん、今日は。金子さんの原稿を呼んで、「各地域の情報発信の活発さ」を比較するには、例えば、サイト数を人口で割るとかの操作が必要なのでは、などと思いました。

Y・Mさん

本当に変ですね!いい!

S・Kさん

ためになった。
いろんな使い方があるんですね。

S・Sさん

この手の裏技の話題は大好きです。ただ最後に「インターネットの言語学」みたいな妥当なところへ収斂させてしまうあたり少し惜しいです。

E・Kさん

とても面白かったです。

K・Kさん

確かに少し「変」かなと思いましたが、大変興味深く読ませていただきました。ついでに、金子さんの過去の分も見ましたが、なんだか、サーチエンジンって奥が深いですね。インターネットの楽しみが増えました。来月号も楽しみにしています。

K・Kさん

参考になりました。

A・Kさん