[豆Scope]
テーマで探す、すぐれたサイト 今月の豆スコープ


「ネットショップを開こう」     【山田まち子】

  存の流通形態ではモノが昔のように売れない、仕事が来ない昨今です。ここは思い切ってインターネットで商売をしたい!とお考えの方も多いのではないでしょうか?
 しかしネットショップとて、ニッパチ社会、成功するのは2割、後は撤退という厳しい競争社会でもあります。
 それでも敢えて開業を!という方のために、Webショップ開業のノウハウを伝授してくれるサイト、お役立ちツールを提供してくれるサイトを厳選しました。
 "Knock, and it will be opened to you!"

  • 今回紹介するサイト
    • オンラインショップ応援団★お店を作ろう!★
      (http://www.e-mono.com/~awish/)

      Webショップ運営に関するメールマガジンやショップ開店に役立つリンク集、アクセスアップノウハウなど。

    • 逸品.com
      (http://www.ippin.com/index.shtml)
      顧客の推薦がないと出品できないというユニークなシステムで有名な電子商店街。
      こちらで紹介されている メールマガジン「オンラインショップ成功への道」は、実践で鍛えられた情報が満載。


    • 負けへんでぇ
      (http://www.kasaya.com/page/makehen/de.htm)

      <心斎橋みや竹>の経営者、「傘屋の和ちゃん」の汗と涙の再生物語。老舗で売り上げ不信に悩んでいらっしゃる方は特に必見! 身につまされると同時にファイトが湧いてきます。

    • 一発太郎
      (http://ippatsu.net/TARO/)

      ネットショップの宣伝は、まずサーチエンジンなどへの登録から。アクセスランキング上位のサーチエンジンなどに無料で登録できる。

    • ネットサーフレスキュー【Web裏技】
      (http://www.rescue.ne.jp/)

      CGIを利用しているホームページのウェブマスターなら、誰でも一度は訪れるサイト。
      ショップに欠かせない「ショッピングバスケット」や「電子掲示板」、「フリーマーケットシステム」などを提供している。一部有料。




「雨水利用」     【眞柄裕美】

  21世紀初頭には発展途上国の都市を中心に深刻な水不足が発生すると言われている。雨の多い日本でも、人口の集中する都市部では夏になると水不足に見舞われている。 また、都市に水を供給するために上流にダムをつくることも、環境に与える負荷が大きい。上流の雨を都市に運ぶよりも、都市で降った雨水を都市で利用した方がエコロジカルであるという視点から、雨水を利用する自治体や民間の取り組みが増えつつある。また、雨水を地下に循環させる「雨水浸透マス」は、地下水を豊かにし、下水道の使用を抑えるという利点があり、各地で設置が進んでいる。

  • 今回紹介するサイト
    • 雨水利用を進める全国市民の会
      (http://www.network.sumida.tokyo.jp/amamizu/)

      「自立」「循環」「共生」をキーワードに、世界各地の雨水利用の英知を学びながら、都市の水源の自立、水循環の再生を目標に活動をしている。

    • アクティヴ・エコ住宅
      (http://www.geocities.co.jp/SweetHome/1822/)

      市民の会のメンバーが自宅に建設中の都市型エコハウス「アクティブ・エコ住宅」について詳しく紹介。エコ設備で、雨水を利用する。

    • わが家の環境武装計画
      (http://www.lares.dti.ne.jp/~iokh/index.htm)

      身近なところから楽しく環境問題に取り組もうと、家庭で雨水利用や太陽光発電を実践しているページ。

    • 雨水利用と緑化を進める会
      (http://www4.justnet.ne.jp/~ame/index.html)

      名古屋を拠点に雨水利用の学習会、講演会などを開催し、国内外のNGO,NPOとの交流、情報交換を積極的に行っている。

    • TECHNO CITY すみだ
      (http://www.techno-city.sumida.tokyo.jp/)
      墨田区の雨水利用への取り組み。市役所や小学校などの公共施設で雨水利用システムを設置し、民間の貯留槽の設置に助成している。

    • 全国市長会のホームページ
      (http://www.mayors.or.jp/index.html)
      昭島の水道は都内唯一地下水100%で賄われ、おいしいと言われている。この地下水を次代に引き継ぐため、雨水浸透マスの設置に努めている。

    • 三鷹市ホームページ
      (http://www.city.mitaka.tokyo.jp/index.html)
      東京都三鷹市では、井の頭池・神田川の湧水量を維持するため、「雨水浸透ます」の設置協力を呼び掛け、設置費用を東京都と全額負担している。



「モバイルと電池」     【岩嵜博論】

  ノをモバイルすることに興味がある。パソコンでも携帯電話でもデジタルカメラでも、時には移動手段や家までモバイルしちゃってもいいと思っている。それらのモバイルツールを使えば、出かけた先でも、家にいるかのように思いついたことがその場で何でもできる。そんな便利を陰で支えてくれているのがバッテリーなどと呼ばれることが多くなった電池だ。モバイルツールが増えるに従って、これまでとは違った角度で電池のあり方が見直されている。時計に入れる乾電池と、パソコンを駆動させるバッテリーとでは形も供給する電力もありがたみも違うのだ。

  • 今回紹介するサイト
    • maxell web site
      (http://www.maxell.co.jp/)
      • HYD ACE
        (http://www.maxell.co.jp/hydace/)
      日立マクセルが新開発した電池の紹介ページ。電池の(モバイル)ライフラインとしてのニーズが高まって企業もがんばってるみたい。「恵庭有のモバイル最適電池考」というコーナーを読むと電池の知識が充電される。

    • バッテリーワールド
      (http://www.mbi.panasonic.co.jp/)
      これもまたがんばる企業、松下電池工業のPRページ。世界最古の電池は2000年前のバクダッドで使われていたつぼ型電池!金銀のメッキ用に使われていたらしいが、そのふてぶてしいばかりの鈍重な風貌には歴史を感る。

    • エナックス株式会社
      (http://www.enax.co.jp/index.html)

      サードパーティのモバイル端末用バッテリを製造販売する会社のホームページ。
      こういうものを見ると、いかにモバイル環境でバッテリー問題が切実なのかがよくわかる


    • サンスタジオ WEB SHOP
      (http://ns.sun-studio.co.jp/)
      滋賀県を中心にチェーン店展開するカメラ屋さんのサイト。デジカメに関するウンチクがいっぱい。「バッテリー編」では、バッテリー種別のきめ細かい比較を見ることができる。

    • Real Natural Goods
      (http://www.st.rim.or.jp/~hide/)

      太陽電池、風力発電など自然エネルギー情報を紹介しているページ。関連サイトへのリンクが中心。太陽電池の発電効率が上がればモバイル電源として役に立ちそう。でも、太陽電池って蓄電するより発電する要素の方が重要なのになんで「電池」なんだろう。



「森林浴を楽しむ」     【田中一徳】

  から夏にかけて、見る見るうちに色濃くなってくる森の木々。同時に人々の心と身体を癒してくれる。この癒しの成分は、木から出る揮発性物質のフィトンチッド。
 ヨーロッパでは健康の維持・増進に、フィトンチッドの効果をベースにして古くから森林地形療法(Terrainkur)なるものが行われていました。健康づくりのための「○○療法」というと構えてしまいますが、気軽な「森林浴」を身近に楽しんでみてはいかがでしょうか?今回の紹介サイトをチェックすると、何が何でも森林浴に出かけたくなるはずです!

  • 今回紹介するサイト
    • フィトンチッド普及センター
      (http://www.iijnet.or.jp/phyton/)

      文字通りフィトンチッドの普及活動に努めているサイト。「フィトンチッド関係文献データベース」の充実ぶりは素晴らしい。「森林や木、香りに関するイベント」の紹介もある。

    • 環境問題を考える『森の贈り物』
      (http://www.wnn.or.jp/wnn-f/)

      森林浴に適した森林を全国から100地区を選出している。また、「レクリエーションの森」「森林浴の効用」等の森の活用法を多数紹介している。

    • NICあいらんど
      (http://www.nicnet.co.jp/index.asp)
      電子的森林浴のコーナーは、人々の想念が作り上げた癒しの場。森の入口が選べて進んで行く事が出きる。RPGゲームのようにバーチャル森林浴が楽しめる。

    • 日本アーステック
      (http://www2s.biglobe.ne.jp/~earth/etech/)

      地球の自然が生み出した環境テクノロジーであるフィトンチッドの空気洗浄スプレーや入浴剤を販売している。森林浴効果、分解消臭、疲労回復、花粉症、空間浄化、肝臓機能向上、自律神経安定等が期待できる。

    • 木の情報発信基地
      (http://www.wood.co.jp/)

      木に関する情報量は国内最大規模!木の特徴は勿論、DIY、木造住宅の耐震設計、切手に見る森林、家紋の木のデザイン、ガーデニングと活用法やお役立ち情報満載。

    • (財)世界自然保護基金日本委員会(WWF Japan)
      (http://wwfjapan.aaapc.co.jp/)

      WWFは、1961年に設立された世界最大の民間自然保護団体。WWF Japanは、1971年に発足。国内の自然保護や、各地で自然保護団体・個 人が取組んでいる調査や保護活動の支援などを行っている。