[Web Travelers]
[写真] 橋本大也
 米国ロサンゼルスで開催されたInternetWorldエキスポを3日間かけて全ブースを見てきました。創意工夫のベンチャー企業がユニークなサービスを所狭しと並べていました。数人で昨日会社を作ったんだよと陽気にサービス説明をしてくれる元気なお兄ちゃんたちのブースがたくさんあって愉快でした。きっとこの中に次世代の情報社会の中心になる企業も含まれているのでしょう。今日は米国で見つけた新しいプロダクト中心にコラムを書いてみました。


[マーク] 橋本さんへの発信 [マーク] 橋本さんとの交信録 [マーク] バックナンバー


インターネットにつなげるモノたち

 うまでもなくインターネットはネットワークです。つながっているのです。こうしてネットサーフィンをしている瞬間にも、このページのあるサーバコンピュータと、あなたのコンピュータはつながっているのですね。何かと何かをつなげるのがネットワークの本質であるとすると、つなげるモノは必ずしもPCとは限りません。ナニとアレをつなげちゃってウヒヒというのもアリです。あれ、ちょっと下品だな。そういうわけで今月のテーマは「インターネットにつなげるモノたち」の紹介です。

 ず最初に少々変わったモノをお見せしましょう。RadioWebCasterです。これは一見ラジオチューナーなのですが、単なるラジオチューナーではありません。PCのサウンドカードに接続するトランスミッターが付属しています。この装置を使うと、PCのサウンドカードからチューナーを経由して、PCの近くに置かれたFMラジオへ電波を飛ばします。

●接続の図

PCのサウンドカード --> トランスミッター --> RadioWebCaster --> FMラジオ
つまり、PCの音を近くに置いたFMラジオで聞けるというわけです。インターネット上には無数のストリーミングラジオ局があります。この局をRadioWebCasterにセットしておけば、ダイヤルをひねるだけで局を変えることができます。これでFMラジオを使って3000局以上の世界中のインターネット放送を聞くことができて幸せなのです。価格は149ドル、早く日本にも輸入品、入ってきてほしいですね。

RadioWebCaster

 らにこの進んだ製品もあります。Kerbangoはご存知ですか。これもインターネットラジオを簡単に聞くデバイスですが、RadioWebCasterとは違って、直接インターネットと接続するステレオ装置です。PCもFMラジオも不要です。しかも、デザインが洗練されています。ストリーム放送だけでなく、PC上のMP3ファイルを聞くことも可能です。

Kerbango

PCでインターネット放送を聞くとどうしてもメモリやCPUを圧迫してしまい動作が重くなります。ラジオは何かをしながらバックグラウンドで聞いていたいものです。こういった製品の需要は今後、増えそうですね。

 らにラジオがらみではもっとすごいものがあります。Xenoteというキーホルダー状の小さな小さなデバイスがあります。これはラジオ放送の中身をブックマークしようというものです。

 使い方はいたって簡単でありまして、道を歩きながら、ラジオを聞いているときに気に入った曲が流れたらボタンを押せばいいのです。あるいは、ラジオコマーシャルの中に、後でじっくり調べたい製品の放送があったら、その瞬間にボタンを押すのです。

 宅してPCにXenoteを接続すると、ブックマークされた曲や商品の情報や購入できるWebサイトが表示されます。ラジオ局ごとに何時何分何秒から何秒まではこの曲が流れた、このCMが流れたというデータがオンラインにデータベース化されており、そのXenoteのブックマーク情報と照合しているわけなのです。

 ちろん、すべてのラジオ局が対応できているわけではなく、サンフランシスコやワシントンなど大都市のラジオ局の幾つかが対応しています。日本でもこういう商品でてきたら、一般的なFM・AMラジオも面白さを増すかもしれません。

Xenote
 て、ラジオが音だったとすると、画像方面ではこんなものがあります。CEIVAはデジタルフォトフレームです。インターネットに接続できる写真立てである、この製品はLANやダイヤルアップ回線に接続しておくと、毎日新しい写真をオンラインからダウンロードしてくれます。毎日異なる写真が楽しめるというわけです。
本体価格249ドル、月額$7.99のコンテンツ利用料がかかります。

CEIVA

 には意外なものがインターネットにつながります。例えば普通の電話だってインターネットにつながってしまうのです。ダイヤルアップで電話を使ってインターネットにつながるのは当たり前?、いえいえ、そういう意味ではありません。

 国のベンチャー企業が始めたDialPadは現在550万人以上のユーザがいる人気サービスです。米国国内ならどこでも、PCから普通の電話へ音声通話ができるというソフトウェアです。しかも、無料です。これではもう誰も長距離電話をかけなくなってしまうのではないか、というくらい衝撃的。通話するにはPCにマイクとイヤホンを接続する必要があります。

DialPad

 て、ざっと6つほど、インターネットにつながるモノを紹介させて頂きました。他にも家電ではインターネット電子レンジやインターネット冷蔵庫などが登場しています。そのうちコタツもみかんもネコもインターネットに接続できる時代が近づいているといっても過言ではありません。

 間そのものがやがては脳に埋め込まれたチップを通じてつながってしまうことになるのでしょうか。映画のマトリックスみたいで、なんだか怖い気もしますが、つながっていない人は村八分にされちゃうかもしれません。「以心伝心」という言葉を「以心電心」と綴ることになったりして。



[マーク] 橋本さんへの発信 [マーク] 橋本さんとの交信録 [マーク] バックナンバー


今回アクセスしたページ
  • CEIVA
    (http://www.ceiva.com/)