[Web Travelers]
[写真] 井上優
 90年代も残すところ後一ヶ月。今年の年末は「1999年を振り返って」に加えて、「90年代、今世紀を振り返って」的な番組が目白押しになるんでしょうね。マレーシアはマハティール政権の今後の動向を占う、4年ぶりの下院解散総選挙を11月に控え、慌ただしくなっています。


[マーク] 井上さんへの発信 [マーク] 井上さんとの交信録 [マーク] バックナンバー


楽しい語源調べ

 日のこと、娘が「ねぇ、どんでん返しって何のこと?」と突然聞いてきた。
「それはね、急にひっくり返って立場が逆になることだよ」って答えると、「何でそういうの?」と思わぬ切り返し。普段何気なく使っていて、深く考えていない言葉ってありますよね。これもそうでした。しかしながら、娘に問いつめられた以上「わからない」ではすまないので早速辞書を引いてみると、私が答えたような意味しか載っていない。こりゃインターネットだなとアクセスしてみると、『舞台用語から来ており、舞台の大道具をグルッとひっくり返して場面を切り返すところから由来している』とすぐに判明。何とか娘にもカッコがついてよかったなぁと思いつつ、言葉って面白いな、日本語って全てわかっているようで知らないことが多いなこれはっ、とさらに突っ込んでみたくなり、子供達としばらくネット上をさまよい歩いてみました。

 して、語源、言語学といった枠にはまりきっていない、「言葉の生い立ち」的なおもしろサイトに幾つか出会うことができ、家族で「へ〜っ!」と声をあげながら驚いたり笑ったり。

 ず見つけてから「これは面白い!」と読みふけってしまったのがKeiichiro's Home Pageという、アメリカに在住されている方が、和製英語「Janglish」をこまかく解説しているサイト。これもある意味で「日本語の生い立ち」と言えるのではないでしょうか。
きっと日本に住んでいる方が海外に出て初めてハッとさせられることだと思いますが、今まで「これって英語でしょ?」と何の疑いもなく思ってきたことが、英語圏では死語だったり、元々英語の表現とはかけ離れているものがよくあるんです。私もマレーシアに来て5年近くになりますが、全く相手に通じなくて「何で? 発音が悪いの?」と思った経験が何度もあります。例えば、日本では普通に使う「コンセント」。「ねぇ、コンセントどこにあるの? ○○を使いたいんだけど」なんて。これって海外では全く「???」になってしまいます。英語では「concent?」という単語すらないんですよ。英語では「outlet」が壁にある電源、「コンセント」のことなんです。
あとは何だろうなぁ、そう、トランプ(trump)も日本だけですね。英語では「playing card」ですから。ゴルフをやっていてもいろいろな「Janglish」に出会えます。相手のパットがビタッとホールに寄った時、「OK!」ではなく「given!」だったり、ロングホール、ショートホールが通じなかったり、「先頭打者」が「オーナー(owner?)」ではなく「honor(名誉)」だったりと。
この手の「Janglish」がジャンル別にリストされており、とても興味深いホームページです。あれだけの教育カリキュラムがありながら、日本人の英語力が世界レベルからするとかなり低いというのも、こういった和製英語がはびこっているところに多少の原因があるのかなと考えさせられてしまいます。これはなかなかのヒットでした。

 や世界のデジタル分野をけん引している日系企業の代表選手とも言える「キャノン」、「ミノルタ」の社名の由来が、「観音」、「実る田」だったなんてご存知でしたか? 語源探偵団では、社名や誰もが知っている商品名の由来、語源を掲載しており、これまた「へ〜っ!?」と驚きものでした。また、リンク集に載せられているホルモン焼き業界用語、ヤンキー用語、自衛隊用語から落語用語まで、それぞれのオーソリティ達が提供しているHPも「日本語を探る」という楽しみをサポートしてくれる愉快なサイトです。

 た、メーカー別に車名の意味、由来を綴った車名大辞典や、人気のバンド名の由来を掲載しているバンド名の由来辞典など、なかなか面白かったですよ。自分の乗っている車のネーミングの意味なんかわかるとまた可愛くなりますよね。

 んどー的世界はおもしろ現代用語辞典って感じかな。流行語、言葉の変遷がおもしろおかしく語られています。もう日本では死語なのでしょうが、「コギャル言葉」も私達には新鮮でおかしかったです。

 明解略語辞典はブックマークしておくと便利だと思いました。アルファベットを並べた略語辞典で、かなりのデータベースとなっています。ノートPC液晶モニターの「TFT」って「Thin Film Transistor」の略なのかってな感じで、「ふ〜ん」で終わりそうながら、知っておいて損はないですよね。

 いうことで、今回は先日我が家で開催された(笑)、「言葉のお遊びツアー」をご紹介してみました。言語学というよりは雑学に近いものですが、楽しみながらいい勉強をさせていただきましたっ!


[マーク] 井上さんへの発信 [マーク] 井上さんとの交信録 [マーク] バックナンバー


今回アクセスしたページ
  • NETBOX
    (http://www1.plala.or.jp/miyataka/netbox.htm)