[Web Travelers]
[写真] 井上優
 マレーシアのお正月はラマダン(断食)明けの1月7日ですが、取りあえず(笑)、明けましておめでとうございます。2000年というだけで、どことなく気持ちが構えるもんですね。今年もいい年でありますように。


[マーク] 井上さんへの発信 [マーク] 井上さんとの交信録 [マーク] バックナンバー


写真の楽しみ「フォト・ギャラリー」

 の初めに何を書こうかな、なんてしばらく考えてしまいました。はやり言葉のようにミレニアムとか、今世紀最後とか巷で騒がれる中、今年は何をやってみようか、どんな年にしようかなとぼんやりと考えてしまいました。
そして、ふとしたことで見つけたその答え、そう、2000年の私の目標。

 のきっかけは仕事をしながら流れていたTVのNHK衛星放送。「古寺巡礼」というハイビジョン番組で映し出される京都の妙心寺。その映像の美しさに、古都、そして日本の冬への懐かしさが瞬時にこみ上げてきました。

 して、本来一番の趣味だったはずの写真を半年以上撮っていないこと、カメラを手に外に出ていないことに気づいてしまったのです。愛機であるNikonをしばらく手入れすらしてやっていないことに気づいた途端に取り出して磨き出す単純さに苦笑する家族達。そして、これまた単純ながら、今年の目標も決めました。

 バリ、『今世紀に取り残した写真を撮る』

 レーシアに5年もいながら、この国、この町並みをろくに写真におさめていないことに気づいた途端、『20世紀最後のマレーシア』なんて大それたものではないものの、自分のPhoto Galleryとして残しておかないといけないという使命感がムラムラっと込みあげてきたのです。

 来、町並み、People、Natureといったゆったりとした情緒溢れる写真が好きな私は、インターネットでも写真集、Photo Gallery的なものを追った時がありました。ネット上にあるgalleryの私なりの採点ポイントは、写真の良し悪しもさることながら、重すぎないこと、リタッチされていないものでないとダメですね。
本来、写真は瞬間の世界ですから、それがリタッチされては面白くありません。
実際、今の画像処理技術をもってすれば、写真のみならずフィルム映像でも後処理が思うままです。私の仕事でもあるTVCFなんかでも、フォーカスさえぶれていなければ、撮影後の処理で露出、色調整は後からいくらでもできてしまうのです。でも、カメラマンは絶対にそれでは納得しないんですよ。素人ながら、写真への思い入れは私も近いものがありますね。露出の具合、フレーミングなどが思い通りにいった写真を手にしたときはホント嬉しいものです。

 んな私がブックマークしているネットギャラリーを幾つか紹介しましょう。どれも私の好きな写真達です。アメリカの大自然、ローマの古代遺跡など、世界中を撮り続けるフリーカメラマンの写真集、Nouchi’s Photo Galleryには、スケールの大きな写真が集まっています。
KyoPicsは四季折々の京都の風景を綴ったまさにNo.1京都PhotoGalleryといえるアルバムでしょう。どれも古都の情緒溢れる写真ばかりです。
山岳写真をはじめ、心安らぐ大自然のパノラマといった雰囲気のNature PhotoGalleryも大のお気に入りですね。
風景に調和した野鳥の姿を四季の風情と調和させた写真が集まるMy Little Photo Gallery of Birds、ネパール、チベット等の中央アジアの人々、大自然をとり続けるAsia Photo Galleryも定期的に訪れたくなる素敵な写真集です。
また、写真の撮り方、ちょっとしたノーハウを手に入れたいという方には、楽しい写真教室楽しい写真教室、デジタル編がおすすめです。

 キストを追いかけるホームページに疲れた時、ちょっと立ち寄ってみてください。きっと気持ちが安らぐと思いますよ。そして、休みの日に何気なく家の近くを歩いてみたくなるような、そんな気持ちにさせてくれると思います。でも今の日本はちょっと寒いですけどね。(笑)

 んな事で、今年は写真を通じて、マレーシアの自然、町並みを今一度、散策してみようと思います。そして、ご紹介したサイトに負けないようなPhotoGalleryができたらいいな、なんて思っています。そんな小さな目標みたいなものがあるだけで、今年もいい年になるなって思えますよね。やっぱり単純なんですね、私。


[マーク] 井上さんへの発信 [マーク] 井上さんとの交信録 [マーク] バックナンバー


今回アクセスしたページ
  • Nikon
    (http://www.nikon.co.jp/main/index.htm)
  • KyoPics
    (http://kyopics.convi.ne.jp/index.htm)