[Web Travelers]
[写真] 松並るみ
いよいよ引っ越しでございますー。思い立ってから早二年、やっと見つけたグッドな物件。大家さんの返事がもらえるのは明日!この原稿がアップされる頃には引っ越しの真っ最中かも。あぁ、お引っ越し先でも、また素敵な生活が待ってますよーに。


[マーク] 松並さんへの発信 [マーク] 松並さんとの交信録 [マーク] バックナンバー


今月の気になるアノコト【ぐ→げ】

【ぐ】グッと重い腰を上げていざお引っ越し!

 、いうわけで6年間住み慣れたこのお家を去る日も間近。あまりの居心地よさに、ついつい長居をしてしまいました。ここにはいい思い出ばかりで、くーっ、去りがたいっ!でも、マンネリには引っ越しが特効薬。そして大掃除にも引っ越しが、よーく効く。(→つまり、お部屋を片付ける手はもはやこれしかないってこと。)
 この炎天下のなか物件を訪ね歩くこと20日間。ヘトヘトに疲れたところで巡り会えたのが、次の我が家。しかーし、ここ迄で既に私のただでさえ少ない体力は残りあと僅か。ハッと気付けば・・・引っ越し!?へ?この増えた荷物を全部持ってく気?粗大ゴミはいつ捨てるの?区役所には何を届け出ればいいんだっけ?そーそー、免許も通帳もカードも保険も住所変更が必要!ああっ!だいたいここの大家さんに言ってないじゃん、出て行くって。う〜、やることいっぱいありそう・・・。と、夏バテ気味のあたまには、ちょっとハードな引っ越しのダンドリ。前回は6年前だから、何をすればいいのかほとんど覚えてなーい! まずは落ち着いて計画を練らねば。ってことで、今回はこんな時に役立つサイトを探してみました。

東北運輸局
「役立つ情報」コーナーにある「ザ・お引っ越し」は、いろいろ見たサイトの中でも、一番役に立ちそうなページ。必見は、「引っ越しタイムスケジュール」「引っ越し作業のこつ」。引っ越しを決めた時から、1〜2週間前、7〜2日前、前日、当日とその日に向かってカウントダウン形式でやるべきことが書いてある。早速プリンアウト〜!

ベストお引っ越しガイド
こちらの「チェックリスト」コーナーには、手続き関係の必要事項だけがコンパクトにまとめてある。国民年金、国民健康保険なんて項目もちゃんとある。

クルマの手続き辞典
ちょうど去年、私名義のクルマを手放しちゃったので今回は必要ないのだけれど、もしクルマを持っていたら必要だったこのサイト。「住所・氏名の変更」「クルマを廃車にする」などのコーナーあり。
ふーむ。事細かなダンドリ指導がかえって私の緊張感を高めてくぅぅぅ。あ〜、忙しくなりそう!では、次回は新居から!

【げ】現実は小説よりも面白い!?楽しんで学ぶ歴史サイト

 「もういい加減大人なのに、いかーん!」と、思うことが一杯ある。そのなかの一つが、中・高生時代に学んだはずの歴史の授業内容をほとーんど覚えていないこと。ワタクシ、日本史の基礎知識(一般常識ともいう)のなさもたいしたものなのだが、世界史に至ってはもう、恥ずかしいばかり。それというのも、歴史の授業は「暗記物」と決めつけ、テスト前に機械的に年号と人物名を頭に詰め込んで、試験が始まると答案用紙の上に吐き出し、終わるとドバーッと忘れる、というのを延々繰り返してきたからなのだ。
 あの頃、「歴史ってロマン!」「なんてエキサイティングな物語なんでしょう」そう思ってワクワクする気持ちで教科書に目を通していたら・・・と今になって悔やむことしばしば。映画を観ても、小説を読んでも、絵画を目の前にしても、楽しみの深さが断然違うハズ。浅田次郎「蒼穹の昴」を読み終えて、そんなことを考えている時に見つけたのが日本史の時間ですよ!のサイト。  ややっ!ネットでは歴史をこんなに楽しく学べちゃうのね。しかも、学ぶと言うより、知って楽しいというノリで読める。絵も多い・・・。わーい子供向けバンザーイ!  そんな、松並「並み」のオトナ、そして中・高生のための歴史サイトはこちら↓。  

日本史の時間ですよ!
高校の先生「まつはらこうさく」さんのサイト。内容は、高校の日本史の授業実践を紹介したもので、マンガやイラストをふんだんに使い、なんかここまでやってあげるのは高校生には親切過ぎやしない?なわかりやすい内容。「おもしろ人物史」「似顔絵クイズ」「ゴロ合わせ」「まんが」など、どのコーナーもお勉強をヌキにして楽しい。

やっぴらんど
上のサイトからのリンクでたどり着いたのがこちら。ここには、世界史の先生が実際に授業で配布した資料をもとに作った「楽しい世界史」>のコーナーがある。だいぶ前に人気だったテレビの深夜番組のタイトル「カノッサの屈辱」が、歴史上どんな出来事だったのかを初めて知って、ほほーぉ。「歴史映画の部屋」には、「十戒」から「セブン・イヤーズ・イン・チベット」まで、時代ごとに映画が整理され、作品の背景や感想が紹介されている。「蒼穹の昴」を読んで、観ようと思っていた「西太后」(1984,中国/129mins.)も発見!

Pepperland 〜 JUNKOの日本史 〜
こちらも『日本史の時間ですよ!』のリンクコーナーで見つけた日本史が大好きというJUNKOさんのサイト。「JUNKOの日本史」コーナーでは、学校では教わらない歴史の謎の部分に触れたエッセイがあって、興味津々。その日に何があったかが分かる月別「日本史カレンダー」も面白いっ。

社会科モノ教材
このサイトでは、「中1・2歴史問題」「中1・2地理問題」「中3公民問題」などに挑戦できる。いずれも10問づつの出題だが、その場で自分の採点結果と、この問題をやった人の中で上から何番目の成績かがわかって、ちょっとスリリングでもあり、ヤな感じ(!!)でもあり。ちなみに、私は「中1歴史問題」が7問正解でまずまず、「中2地理」は5問だけ正解で、下から数えた方が早い成績。そうだ、地理は歴史に増して常識ないんだったー。

大阪書籍
中・高生時代の社会の教科書を今、読み返すだけでも結構面白いに違いない。常々そう思っていたが、このサイトの「教科別資料」「社会」>のコーナーには中学社会の教科書本文がコンパクトにまとまって、まるまる全章分、載っている。学生時代にこの熱心さで読み込んでおけばよかった〜。

以上、気持ちよく中・高生から歴史のお勉強をやり直すためのサイトでした。なにせ、 私は「暴君ネロ」を知らなかった人。ところで、どなたか名作アート作品「暴君ネコ」を知ってる人いますか?かなりな傑作!求む、感動を分かち合える人。


[マーク] 松並さんへの発信 [マーク] 松並さんとの交信録 [マーク] バックナンバー


今回アクセスしたページ
  • 大阪書籍
    (http://www.osaka-shoseki.co.jp/index.htm)
    • 教科別資料
      (http://www.osaka-shoseki.co.jp/osaka7.htm)
    • 社会
      (http://www.osaka-shoseki.co.jp/1/kyo3.htm)