[Web Travelers]
[写真] 山田まち子
 以前紹介したホームトレードの中間報告です。主人は安川電気を売買して15.2万円(税引後)のプラス。私は半分は公社債投信なので、残り半分で野村ジャパンオープンと、鉄鋼関連株を購入。オープン投信のほうは5万円購入で配当金が7200円(税引後)でニッコリ!でも株のほうは更に下がってマイナス2万円!塩漬けにしておけば、いつか日の目を見るのではないかと淡い期待を抱いて、毎日新聞の株価欄を見ています(涙)。


[マーク] 山田さんへの発信 [マーク] 山田さんとの交信録 [マーク] バックナンバー


★眠れないフクロウたちへ★

 の夜長はむかし読書、今ネットサーフィン? てなわけで、通信費節約のために今夜もネットサーファーしてるあなた、ちょっと一休みして、バーチャル・バードウォッチングしてみませんか?
 バードウォッチングといえば普通は昼間だけど、夜でもバードウォッチングができる鳥がいます。そう、フクロウ(英語でOwl : アウル)です。学者の鳥、不吉な鳥など、人間は色々勝手なことを想像してたとえますが、顔の前に2つ並んだ、人を見透かすような大きな目と、考えるように首をかしげるしぐさ、そして猛禽類特有の存在感が、多くの人々を魅了してやまないのでしょう。実際、フクロウサイトは、自然愛護団体や博物館、個人のフクロウファン、そして雑誌やグッズまで、インターネット上に多く存在するのです。
 さて、まず最初にフクロウのすべてを楽しんでしまおうという、百貨店型のサイトが フクロウ OWL。さすが本職の漫画家の方だけあって、てんこ盛りの楽しいアニメにつられて、ついつい長居してしまいます。フクロウレスキュー、鳴き声(音声解析グラフ)、俳句…とフクロウに関するものならなんでもアリ!という貪欲さがステキ!貝類コレクターも見習わなくっちゃ!
 世界一のフクロウ専門の鳥類園を目指す、富士山麓の朝霧高原にある富士国際花園は、華麗なベコニアやフクシアの画像もさることながらフクロウフォトギャラリーで、30種以上の国内外のフクロウが見られます。普通動物園に行ってもせいぜい数種しか見られませんから、一度見に行く価値があると思います。受験生の方は、200羽近くのフクロウを前に、合格祈願をお願いしてみてはいかが?

 クロウは世界で約130種もいるそうで、そういった世界のフクロウの情報を、これも百貨店型で見せてくれるのがオーストラリアのディーン・P・ルイスさんによるThe Owl Pages。北米、オーストラリア、そして世界のフクロウの情報が、画像と音声付きで詳しく紹介されています。フクロウってなかなか長生きで、カラフトフクロウ GREAT GREY OWL --大型でなかなか立派な人相いや鳥相でハンターに狙われるそう-- などは、飼育されたものは40年も生きるそうです。フクロウの死因として、ここでよく挙げられているのが、天敵によるもの以外に、都市部が広がったための生息域の減少と、人間の落としたゴミを食べているネズミを狙って出てきたフクロウが交通事故に合うケース、送電線などによる感電死、そしてハンティングが挙げられていました。フクロウの一番の天敵は、貝類と同じように人間なんですね。
 また、このフクロウサイトも自前サーバーのようで、やはりこれだけの情報量だと、個人でもサーバーを運営せざる得ないんでしょうね。その苦労わかりますよ!

 うやって世界中のフクロウ達をながめていて、見つけた私のお気に入りのフクロウは、ヨコジマスズメフクロウ(Barred Owl)。"Who cooks for you? Who cooks for you All?"(誰があなたに料理する? 誰があなたがた皆に料理する?)と鳴くそうです。マサチューセッツ州のOwlCam Homepageは、いわば専門店型サイトで、ヨコジマスズメフクロウの仲間の巣箱の中と外にビデオカメラをセットして、その生態を公開しています。巣立ったフクロウの自立への闘いと孤独、求愛、新しい生命の誕生が、英文が分からなくても画像を通して伝わってくるのが不思議です。特に孤独のフクロウ(うつむいて寂しそうに見える)がカワイイ!

 うしてもハズせないのが恒例のお土産サイトかな? The Owl's Nestは、まさにフクロウコレクターのための「フクロウの巣」で、OWL Magazine を出版している会社が、マウスパッド、カレンダー、ポストカード、オルゴール、お人形、置物、スタンプ、本に到るまで、すべてフクロウ尽くしであなたを誘惑します。実際、私もカレンダーと、置物と、オルゴールがとても欲しくて迷っています!

 めは、今夜ここまで読んでくださったあなたのために、酒と放浪の旅を愛した、種田 山頭火の「其中日記」より、

 「ふくろうは ふくろうで わたしは わたしで ねむれない」


[マーク] 山田さんへの発信 [マーク] 山田さんとの交信録 [マーク] バックナンバー


今回アクセスしたページ