[Web Travelers]
[写真] 山田まち子
 休日に家族で山形に行ってきました。地図を見ながら「ブドウマツタケライン」という名に誘われて行ったのが、高畠町の蛭沢湖という小さなダム湖。ちょうど昼前だったのですが、どこを見回してもあるのは一軒のひなびた食堂のみ。仕方なく暖簾をくぐって、出迎えてくれた熊のはく製と、一杯機嫌のじいちゃんグループに引いてしまい、なんでもいいや!マツタケラーメンを注文したら、ラーメンの麺はなんとインスタント!がっかりしたものの、その上に乗っているのは正真正銘のマツタケの山盛り!ダムの周り全てがアカマツの山だったのです。今度は熊ラーメンや熊ナベに挑戦してみようかな?


[マーク] 山田さんへの発信 [マーク] 山田さんとの交信録 [マーク] バックナンバー


魅惑のオンラインオークション

 ろそろ家の灯が恋しくなる季節、貝コレクターにとっても、シーズン中にフィールドで集めたコレクションを、家でじっくり分類作業にとりかかる時期になります。コレクター魂が熱く燃えてくるわけです。
 貝以外にも、切手、コイン、アンティーク、カード類、ブランド物等々、様々なコレクターが世界中に存在します。そしてインターネットは、世界中のコレクターをリアルタイムにつなぐことができる、欠かせない存在になっています。

 auction(オークション)の語源はラテン語のaugere(増大すること)で、「bid(指し値、つけ値)の増大により行われる販売」という意味だったそうです。その歴史は紀元前500年まで逆のぼり、ローマ時代に特に盛んになりました。近代には、欧米で書籍や美術品などの取引に利用されるようになり、また高価な物でなくても、一般個人のコレクションをオークションする習慣が定着しています。しかし、農耕社会であった日本では、欧米のように一般の人が気軽に参加できるようなオークションの習慣はありませんでした。しかしインターネットは、オンラインオークション(リアルタイムオークション)という、誰でも居ながらにして、気軽にリアルタイムでオークションを楽しめる世界を実現しました。 その代表格は、皆さんも1度は聞いたことがあるであろうアメリカのeBay です。私もどのような世界か体験するために、身近なものを出品してみることにしました。白石市の名産品のコケシです。実はこのコケシ、2kg近くもあるため、国内で行いたかったのですが、他のサイトではコケシを出品している所が見あたらなくて、皮肉にも海外のe-Bayで Kokeshi doll が沢山登録されているのを発見しました。その中にはどう見ても Japanese Kokeshi doll とはいえない、中近東風の「コケシ」が登録されていたり、日本のおみやげでもらったかと想像されるようなボールペンにコケシが付いているものなどもあり、「このレベルなら負けないもんね」と勇気を出してseller(売り手)として、いきなりデビューしました。でも初日は1度もbid(入札)がなく、2〜3日してやっと1つbidが入ったり、送料の問い合わせなどのメールがくるようになりました。
 この原稿を書いている時点ではまだオークション中なので、結果は後日にでも報告したいと思います。少なくともe-Bayは、競売品の種類では世界一、出品数でも世界一といわれていますから、あらゆるマニアにとって、一番気になるオークションサイトといえるでしょう。

 ークションデビューがいきなり英語サイトというのは無謀かもしれません。国内のYahoo!オークションMY-TRADEなら、オークションの仕組みが絵図で分かりやすく説明されていますから、よく納得した上でトライしてください。オークションは通信販売ではありません。リスクがあることをくれぐれも忘れないでください。
 日本において海外ほどオークションサイトが多くない理由は単に、習慣だけのせいではありません。国内でオークションを行うためには、「古物営業法に定められた許可」と「競り売りの届け出」が必須であるため、対面販売ではない不特定多数が相手のネット上の取引形式では、開業がほとんど困難という事情があります(後に紹介する質屋協会やオークションハウスは除く)。Yahoo!オークションなどは、手数料などが無料のため、掲示板の無料提供という形になりOKなのだそうです(警察で教えてもらいました)。
 しかしこれらの許可や届け出制度が、現在のインターネットの世界を想定して作られたものでないため、いずれ新しい仕組みが考えられるでしょう。
 質屋通り商店街や東京質屋情報センターのブランド・オークションは、プロの鑑識眼というフィルターを通して商品がアップされているため、高価なブランド物も安心して入札できます。ルイ・ヴィトンやシャネルなどのブランド物 時計、バッグ、宝石など、新品同様や未使用品なども数多く、質の高さはさすがプロといったところでしょう。
 個人間のオークションで気になるのが送料の問題です。リーズナブルで安全に発送する事もオークションを成功させるコツになります。いろいろな生活情報のページは、郵送と宅配の計算のページがあり、配送方法を選択するのにとても便利。また、e-Bayのような海外との取引には東京国際郵便局国際郵便のご案内で、配送方法を選択しましょう。小形で2kg以内のものなら、小形包装物がお得(ただし78ヶ国主要国のみ)。国際郵便選択早見表も便利です。

 専門のオークションならMolluscs Net Auction。オンラインではないようで、指定された期間内に主催者にメールで入札するようです。私は高価な貝はほとんど所有していないので、とても恥ずかしくて出品できません。ただ眺めては、ある所にはあるんだなと感心するのみです。
 オークションサイトの奥は本当に深く、貝で驚いてはいけませんよ、ガン専門のオークションサイト(オンライン)まであるのです。まさにコレクター恐るべし!あまり深みにハマらぬように、今日はこの辺で。


[マーク] 山田さんへの発信 [マーク] 山田さんとの交信録 [マーク] バックナンバー


今回アクセスしたページ
  • eBay
    (http://www.ebay.com/)